ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PL学園野球部 最後のキャプテンと記録員が語った思い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏の高校野球大阪予選はPL学園高校野球部にとって「最後の夏」の戦いとなる。春夏通算7度の甲子園制覇を誇る名門校の最後の部員となる12人の中に、かつては当たり前だった野球推薦で入学した生徒は一人もいない。全員、一般入学の生徒たちだ。超強豪校に起きた“異変”を2年にわたって取材してきたノンフィクションライター・柳川悠二氏が、その注目選手をレポートする。

 * * *
 PL学園高校野球部は昨秋、1回戦で同校史上はじめて公立校に敗れ、4月の春季大阪大会でも初戦敗退した。夏の高校野球大阪予選1回戦の東大阪大柏原戦(7月15日、花園球場)は、勝てば公式戦初勝利、敗れれば即ち60年の歴史を閉じる一戦である。

 名門校の62期生となる部員たちは、入学時から野球経験のある監督が不在で、2015年度からの部員募集停止によって後輩もできなかった不遇の世代だ。2年にわたって彼らを取材してきた筆者には、とりわけ思い入れの強い選手がふたりいる。

 ひとりは62期生を束ねる主将の梅田翔大である。4月の春季大阪大会・大成学院戦で背番号「1」を背負って先発した彼は、15安打を浴びて9失点を喫した。翌週に行われた東海大仰星との練習試合でも、16安打を浴びて8失点。

 いずれの試合も集中打を浴びながら、投球数も100球を大きくこえながら、梅田はマウンドに立ち続けた。

 実は、梅田は捕手が本来のポジションである。

 現在のPLには12人の部員がいるが、そのうちのひとりは記録員で試合に出場することができず、もうひとりも右肘関節唇損傷という大けがを負っていて守備につくことも難しい。そしてエースの藤村哲平は、春先に右肘の炎症を起こし、長くマウンドに上がることができなかった。投手を専門とする選手が藤村だけのチーム事情の中で、“代役”を務める梅田がマウンドを降りたら試合を続行できない。それほど、春先のPL学園野球部は窮地に追い込まれていた。

 梅田はその頃、こんなことを話していた。

「12人の部員しかいなくて、チームとしての底上げが期待できない以上、今いるメンバーで、戦うしかない。試合では、たとえ点差をつけられたとしても、最後まで食らいつき、そして逆転するのがPL学園の野球だと思う。最後の夏までに、精神的な部分を、底上げしていきたい」

 PL学園野球部出身の漫画家・なきぼくろが描く『バトルスタディーズ』に登場しそうな、きりりとした眉毛が特徴の梅田は、新チームが発足した時、満場一致で、主将に選ばれた。他のナインも、野球経験の無い監督が続く中で技術指導を行ってきた千葉智哉コーチも、「主将らしい主将」と口をそろえる。毎日の練習後には、梅田が選手を集めてミーティングを開き、その日の反省とこれからの課題を話し合ってきた。

 一昨年秋の部員募集停止の発表以降、廃部問題に揺れるPL学園が試合を行う度に多くの報道陣が詰めかけ、主将の梅田は常に矢面に立たされてきた。野球に集中したい──それが本音のはずだが、梅田は気丈な発言を繰り返してきた。

「このユニフォームを着させてもらっている以上、伝統を汚すわけにはいきません。先輩方が築かれた伝統があるからこそ、こうして取材していただいたりするので、常に見られているという感覚を忘れないようにしたい。目標は……高校野球をやらせてもらっている以上、甲子園です」

 いまだ公式戦の勝利がないのだから、現実的には初戦突破が目標のはず。それでもPLの62代主将を務める以上、たとえ笑われようとも、彼は「甲子園」の目標を口にしたのではないか。

 もうひとりの注目は、記録員の土井塁人である。父親がつけたというその名からわかるように、土井は生まれながらにして球児になる夢を背負ってきた。1年生の時に留年しているため、年齢は梅田の一歳上になる。

 名門への憧れを抱いて入学し、半年が経過した2013年の秋、39度以上の高熱が何日も続いた。当時の同級生らの心配をよそに、土井は練習に顔を出し続けた。熱は40度を超え、いよいよ病院に行くと、血液のがんの一種である「急性リンパ性白血病」と診断された。およそ半年に及んだ入院生活の中で、医師には骨髄移植を勧められたが、野球ができなくなるからと固辞。抗がん剤治療を選んだ。

 幸いにして病状は回復し、2014年4月に学園生活に復帰した。学校からは「野球部を辞めて勉強に専念するなら、同級生と一緒に2年生に進学することも可能」と提案されたが、土井は「まだ野球をやりたい」と告げ、留年を決めた。

 それから2年の月日が経過した。今では、60年の歴史の中でもっとも長い時間をPLのグラウンドで過ごした野球部員となった。

 もちろん、日本高等学校野球連盟の規定によって公式戦に出場することはできない。それでも、「一番練習する選手が土井です」(千葉コーチ)という。毎日、全体練習のあと、室内練習場で行う仲間の自主練習に最後まで付き合った。

 公式戦には出場できなくても、練習試合なら出場してもいいのではないか。彼の献身的な姿を見ていたら、そんな気持ちになる。だが、土井は自らの意思で、練習試合にも出場しなかった。

「今の同級生は、下級生の時に試合に出ていた選手がひとりもいないんです。いくら練習試合といっても、僕が試合に出れば、誰かの出場機会を奪うことになる。僕が出場するより、他の選手が一打席でも経験した方がいいし、一回でも守った方が、チームのためになると思っています」(土井)

 試合中は記録員を務めながら、サインを出す野球未経験の川上祐一監督に助言するのも土井の役割だ。彼にとって“4度目の夏”となるが、「少しでも長い夏にしたい」と話していた。

 戦力的に62期生は、PL学園史上、最弱のチームだろう。公式戦未勝利の彼らはこれまで一度も、「ああPL 永遠の学園~♪」という高校野球ファンにはお馴染みの校歌を歌っていない。しかし5月に入り、エースの藤村哲平がマウンドに帰ってきて、チーム状況は上向いた。6月29日には、昨秋の大阪大会を制した大商大堺を相手に、「14-14」という大接戦を演じている。

 夏の大阪大会1回戦で対決する東大阪大柏原も強敵だ。秋と春の大阪大会でベスト8に進出しており、今のPLからすれば格上である。

 6月末に母校を訪れ、62期生に対する指導を行った甲子園通算58勝の中村順司元監督は、部員を次のように激励したという。

「相手がどこであろうが関係ない。校歌をみんなで歌おう」

 その思いは、12人の部員も同じだ。

【関連記事】
PL野球部消滅の裏で「もう一つのPL野球部」が大阪制覇
教祖一族が怒りの実名告発「PL教団3代目の妻が野球部を潰す」
PL学園黄金期築いた「付け人」制度 立浪和義氏は生ける伝説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。