ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界初】人工知能が味を決めるビールって?(ロンドン)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れられています。

さまざまな質問から
好みを分析

「The Next Web」によると、イギリスのスタートアップ「IntelligentX」が提供するのは、クラシックブリティッシュゴールデンエール、ホッピーアメリカンペールエールなど4種類のビール。

「Forbes」によれば、ビールを飲み終わった後、ボトルに印刷されているコードからFacebookメッセンジャーのボットにアクセス、送られてきた質問に答えると、その内容をAIのアルゴリズムが分析するのだとか。

質問は味や好みを問うもので、「10段階中で何点か」「はい・いいえ」で答えられるものまで、多岐にわたるそう。

1年間で11回も「進化」

同社はここで集めたデータを醸造の過程に活かし、流行や顧客の好みに合わせてビールも進化させていくという方法を採っています。この分析結果に基づき、1年間で11回もビールの味を変えたのだとか。

現在このビールを楽しむ方法は、IntelligentXのサイトにアクセスしてビールを送ってもらうか、ロンドンにあるコワーキングオフィスのWeWorkに行くかの2つ。

日本へは送ってくれるの?と問い合わせをしたところ、現在はイギリスのみに発送していて、今のところ他の国へ送ることは考えていないのだとか。残念です。

獺祭もデータ分析を用いて日本酒を作り、世界的なヒットとなっています。変わりゆく人の好みにいち早く対応できるのがすごいところ。食品業界で本格的に人工知能が活躍する日も、そう遠くはなさそうですね。

Reference:The Next Web,Forbes
Licensed material used with permission by Weare10x

関連記事リンク(外部サイト)

5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない
縦列駐車や車庫入れが驚くほどラクになる!360度「どんな方向」にも走れるタイヤがすごい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP