ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手術のシーンでよく見るメスを渡す人たち… 実際に「オペ看」ってあんな感じに働いてるの?

  • ガジェット通信を≫


最近は医療ドラマなどで手術のシーンが描かれることも多く、なんとなく手術はこんな感じで行われているんだと想像がつきますね。

ドラマでは執刀医がいて、「メス!」と言うと横から素早く手渡す場面がよく登場しますが、看護師の中でも手術室で主に働き、手術の準備や術中の作業に携わる人たちをオペ看と呼んでいます。

今回はこのオペ看について医師に解説していただきました。

オペ看は実際にどのような仕事をしているの?

医療ドラマの手術シーンでは、医師に手術器具を手渡したり、患者のバイタルサインを医師に伝えたりする姿が描かれています。これらの仕事についてはほぼ実際の仕事と同じと考えてよいかもしれません。

ドラマで描かれていないオペ看の仕事として、以下のようなものがあります。

・手術を開始するまでに手術室を整え器具を準備する

・手術室の割り振りをし、緊急手術がある場合の人員・器具の調整もする

・予定手術の場合、事前に患者の部屋を訪問し、手術についての不安を解消したり、当日リラックスして手術室に入れるように手配する

・手術する医師の介助だけでなく、麻酔科医師の介助もする

・手術室に入室する患者を病棟看護師から引き継ぎ、情報を把握する。手術が終了したあとは、患者を病棟やICUの看護師に引き渡し、術中の情報を引き継ぐ

・意識を保ったまま手術を受ける患者に対しては、術中に手を握って励ましたり、手術の進行状況を知らせて安心できるようにする

・手術中に出た廃棄物を処理したり、ガーゼにしみ込んだ血液量から出血量を計算したりする

・新人看護師の指導をしたり、新しい手術法について勉強する

オペ看には、手を消毒し清潔な手術着を来て医師に器具を渡す「清潔ナース」と、手術台のそばにいて廃棄物やガーゼの処理をしたりそのほかの仕事をする「外回りナース」がいます。

基本的にずっと立ち仕事であり、長時間の手術にも立ち会うため、強靭な体力と集中力の持続が必要なハードな仕事です。

看護師はその他にどのような種類があるのですか?

看護師の仕事は様々で、病院の中でも普通にイメージされる病棟や外来ナースの他に、以下のナースがいます。

・人事やシステム管理、リスク管理をするような管理職ナース

・褥瘡管理や栄養管理や精神科看護ナース

・糖尿病看護など専門性の高いチームに所属するナース

また、病院の外では、以下のようなナースが存在します。

・保育園や病児保育で働くナース

・訪問看護や高齢者デイケアで働くナース

・献血センターや健康診断施設で検査を行うナース

医師にとってオペ看とはどのような存在ですか?

オペ看はすべての領域の手術について、その流れから使う器具、起こりうるトラブルやその対処法まですべてを理解している非常に専門性の高い職業です。

術中の出血やバイタルの管理にも携わりますし、患者を慰めリラックスして手術が受けられるように手配するという大切な役割もあります。

子供、お年寄り、性別など患者さんの状態に応じた配慮もします。医師はオペ看を非常に頼りにしていますし、大切なパートナーとして共に研鑽(けんさん)を積む存在と考えています。

医師からのアドバイス

患者さんはどんなことでも、医師にでも看護師にでも相談して頂いて大丈夫ですが、手術を受ける病気自体についての質問は医師にしたほうがよいでしょう。

普段はあまり目にすることのないオペ看ですが、手術を受けられる方にとっては強い味方となります。ご自身やご家族などが手術を受けられる際には、オペ看の存在に注目してみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

皮膚の痒みや呼吸困難も? アナフィラキシーショックになった時の対策&予防策は?
薬とアレルギーの関係。もしアレルギー反応がでたらどうすればいい?
身近な重症、アナフィラキシーショックについて知ろう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP