ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「シャネル」が日本限定でクリームを発売!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャネルから8月26日、ライフスタイルに寄り添った保湿クリーム「ラ クレーム ドゥース」が登場します。このクリームは、日本からのニーズを反映し、シミやたるみといった悩み別ではなく、今の自分に心地よさを与えてくれるクリームとして開発され、日本のみの販売となります。

さまざまに活躍する現代の女性たちの理想は、これまでの自分自身を受け入れ、自分自身や周囲と調和しながら暮らすこと。快適でシンプル、安らげることを何よりも求め、あるがままの自分を受け入れ、幸福であることを望んでいると分析しました。「ラ クレーム ドゥース」は、そういった現代の女性に向け、女性たちのライフスタイルに寄り添い、毎日の理想的な手入れを提案。輝きと心地よさ、充足感を肌にもたらすことをコンセプトに作られました。

このクリームは、保湿と、セラミドのバランスに着目。若々しく健康的な肌が持つ細胞間脂質の理想的な組成バランスが、セラミド50%、脂肪酸15%、コレステロール25%であり、その細胞間脂質の構成要素は、ケラチノサイトにおいて、最適な量とクオリティーで合成され、角層まで達すると、細胞外へ放出され、弾力や柔らかさ、さらに水分保持力を肌にもたらすといいます。

シャネル リサーチ&テクノロジーは10年に渡って、細胞間脂質に関する研究を重ねてきました。そして、セラミドを輸送するCERT(セラミド輸送タンパク質)が、複雑なプロセスで果たす重要な役割について明らかにしたのです。加齢とともにCERTの発現は低下してしまい、細胞間脂質の組織バランスも変化。さらに、細胞の再生サイクルが滞り、肌の水分保持とバリア機能が徐々に失われてしまいます。そこで、着目したのが、イランラインの花。この花がCERTに理想的に作用し、セラミド輸送のバランスを安定させることを明らかにし、新有用成分「イランイラン フラワー エキス」を開発しました。肌のバリア機能を強化し、さらに角層のボリュームを増加させることで、ふっくらとした表皮へと導きます。

さらに、「イランイラン フラワー エキス」の働きを最大限に引き出すため、モリンガバターやシアバター、カメリアオイルを贅沢に配合。穏やかな天然乳化剤を組み合わせることで、よりエモリエント効果が高いクリームが誕生しました。パッケージも人間工学に基づきより使いやすさが進化。なめらかなカーブを描いた形で開けやすく閉めやすい構造になっていて、手軽さと使いやすさで、女性のライフスタイルにいっそうの心地よさをもたらします。

■シャネル「ラ クレーム ドゥース」 50g 18,000円+税
2016年8月26日発売

公式サイト
http://www.chanel.com/ja_JP/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP