体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

存在は知ってるけど意外と知らない… 正しい方法で「盛り塩」を作って試してみた!

存在は知ってるけど意外と知らない…  正しい方法で「盛り塩」を作って試してみた!

最近、風水由来のお清め方法である「盛り塩」が女性誌や健康系の雑誌で注目を浴びているそう。金運や仕事運がアップする、人間関係がよくなる…など、盛り塩が開運につながるというウワサもあり、実践している方も少なくない様子。だけど、正しい盛り塩のやり方を皆さんはご存じでしょうか? 知っているようで知らない「盛り塩」について、“ユミリー”の愛称でお馴染みの風水建築デザイナー・直居由美里先生に聞いてみました!

牛が盛り塩文化の火付け役!?

盛り塩と聞くと、よくオープンしたばかりのお店の前に置かれていたり、神棚に置かれていたりするのをイメージしますが、日本で広まったルーツを遡ってみると、中国にいきつくようです。

「盛り塩の起源については様々な説がありますが、もともとは、中国の故事に由来しているといいます。秦の始皇帝は、多くの妻を抱えており、毎夜違う妻の家に牛車で通っていたそうです。しかしなぜか、ある妻の家の前で牛が止まるようになったとか。実は、牛はミネラルを多く含む塩を好むので、その妻が自分の家の門の前に塩を置いていたのだそう。始皇帝はその妻のもとに盛んに通うようになり、彼女が皇帝の寵愛を独占したそうです。このお話が元となり、日本では『塩を置くと沢山の人が集まる』とされ、商店や旅館、料亭などの入り口に盛り塩が置かれるようになりました。さらに、塩はお清めの意味もあるので、『良いことが入ってくる』とも言われるように。今では、玄関やお手洗いの中に置くと良いとされ、お清めの意味があるとされています」(直居先生・以下同)

なるほど! だからお店の入り口に盛り塩が置かれることが多いのですね。

正しい盛り塩のやり方・置き方は?

そうなると自分でもやってみたい。でも正しい盛り塩の方法がわからない…。インターネットで検索してみると、盛り塩用のお塩なども販売されているようですが、何か特別な塩を使わないといけないの? 引き続き直居先生に正しい盛り塩のやり方・置き方をうかがって、まとめてみました。

【どんな塩を使えばいいの?】

「天然の、精製されていない塩を使用すると良いとされています。器に塩を盛るときは、塩が山の形になるように作ったほうが効果的といわれています」

【どんなふうに置けばいいの?】

「家の外側に置く場合は、門の外の左右に置きます。玄関に置く場合は内側でも外側でも大丈夫。玄関の両サイドに置いてください。寝室やリビングルームなどお家の中の場合は部屋の四隅に置き、“結界”を設けるようにすると良いでしょう。トイレも四隅に置くのが理想的ですが、トイレは部屋が狭いので前方の左右か、一箇所に置くだけでも効果があるとされています」

【塩は取り替えたほうがいい?】

「基本的には、月に1〜2回替えたほうが良いといわれています。一度使った盛り塩は処分し、悪い気がたまらないように常に新しくしましょう」

さっそく実践してみました!

直居先生に聞いた方法を元に、いざ盛り塩を試してみることに! とはいえ、手軽な盛り皿の用意がなく、きれいに山状の塩を盛れる自信もなかったので、「盛り塩セット」なるアイテムを購入してみました。塩は、精製されていない市販の粗塩をゲット。試しに舐めてみると、当たり前ですが、とんでもなくしょっぱかったです。

f:id:ponparemall:20160620110720j:plain

八角 盛り塩セット/1,058円(税込)

在庫をチェックする⇒

盛り塩セットを開封してみると、盛り皿が5枚と、山状に盛れる“盛り塩固め器”なるものが入っていました。この固め器に塩を詰めてからお皿に盛れば、キレイな山状になるみたいです(ワクワク)。

1 2 3次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。