体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5万円以下の機械式時計 Knot「AT-38」スゴイらしい!

5万円以下の機械式時計 Knot「AT-38」スゴイらしい!
f:id:ponparemall:20160627105212j:plain

画像提供:Knot

Apple Watchなど、ハイテクなスマートウォッチに注目が集まる一方、最近はアナログの腕時計も売れ行きが好調なのだそう。セイコーホールディングス、シチズンホールディングス、カシオ計算機の国内時計メーカー大手3社は、そろって好業績。50万円以上もする高級な機械式時計が、訪日外国人を中心によく売れているそうです。そんななか、2014年に創業したベンチャー腕時計ブランド・Maker’s Watch Knotが、45,000円という破格の値段の日本で製造した機械式時計を販売。業界内で大きな注目を集めています。

機械式時計の特徴は?

腕時計というと「ボタン型の電池で動くもの」と思われがちですが、それは「クオーツ時計」の話。機械式時計はゼンマイで動く、昔ながらの時計です。両者の違いは秒針の進み方に現れ、クオーツ時計が「チッ、チッ」と1秒ごとに秒針が進むのに対し、機械式時計は「チチチチチ」と、細かく滑らかに秒針が進んでいきます。機械式時計の歴史は数百年にもなり、「機械式時計を持つことは、男のステータスだ」なんてファッション誌で語られることも。では、なぜ新進のKnotは、この日本製機械式時計を45,000円という値段で販売できたのでしょう? 代表の遠藤弘満さんに聞きました。

日本製の機械式腕時計を、リアルプライスで

「私が20代のころは、ロレックスやタグホイヤーなど高級ブランド時計への憧れがありましたが、今の若者は腕時計離れが進んでいて、特に機械式時計への興味はかなり薄いと思います。一方で、50万円もする機械式時計が、日本人ではなく、訪日外国人によって爆買いされています。Knotは『日本の腕時計文化を復活させたい』『made in japanのエントリーウオッチブランドとして、時計の魅力を伝えていきたい』という思いで創業しました。機械式時計においても、国産機械式時計のエントリーウオッチブランドでありたいと考えています。日本製の機械式時計を正直な価格で提供し、今の日本の若者にも身につけてほしい。そんな思いで創業からチャレンジし、16ヶ月の歳月を経て、ようやく完成したのが機械式時計『AT-38』です」(Knot・遠藤弘満さん・以下同)

高性能時計の証、ハイビートムーブメント

前出の通り、機械式時計は、細かく滑らかに秒針が進んでいきます。逆にいうと、どれくらい滑らかに動くかが、性能を見極めるポイントです。「AT-38」の場合は、時計の心臓部であるムーブメントに、CITIZEN MIYOTA製「cal.9015」ハイビートムーブメントを採用しているそう。

f:id:ponparemall:20160627105407j:plain

画像提供:Knot

「1時間に28,800回、1秒間に8回の振動を刻む高速振動ムーブメントです。振動数が高くなることで、秒針の振り幅は小さく滑らかになり、時計の精度は飛躍的に高くなりました。また『cal.9015』は、わずか3.9mmという薄さも特長。これは、それまで薄型高性能の8振動ムーブメントとして、世界的に人気を博していたスイス製『ETA2824』をも凌駕します」

これにより、「AT-38」は、フォーマルウエアにもあわせられるドレスウオッチの基準である幅38ミリ内に納めながら、厚さ10ミリを実現。裏蓋が透明のシースルーバックなため、機械が動いている姿を視認することもできます。

f:id:ponparemall:20160627105528j:plain
1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会