ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちゃんとできてる? 正しい「紫外線ケア」と夏こそ気をつけたい「保湿ケア」

  • ガジェット通信を≫

ちゃんとできてる? 正しい「紫外線ケア」と夏こそ気をつけたい「保湿ケア」

f:id:ponparemall:20160708195735j:plain

美肌を保つため、夏に最も重視したいのは紫外線ケア。日焼けはお肌の老化を早め、シミやシワだけでなく皮膚がんの原因にもなると言われています。とはいえ、ただ「SPF値が高い日焼け止めを使えばいい」というワケでもありません。今回は、正しい紫外線ケアのコツと、夏に気をつけたい保湿ケアについてご紹介します。

紫外線の基礎知識をおさらい!

そもそも紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)の3種類があり、なかでも美容や健康面で注意したいのは、A波とB波です。

A波には、お肌の深いところまで届き、コラーゲンを変化させる作用があります。例えば、農作業や工事現場での作業など、長時間首の後ろが紫外線にさらされている方には、首の後ろに深いシワが刻まれていることがありますが、これは紫外線A波の影響によるもの。A波はお肌の土台部分に影響を与えるため、ハリの低下やシワにもつながってしまうのです。さらにA波は、窓や雲を通過するので、室内にいるときや曇りの日も気を抜かないようにしましょう。

一方のB波は、お肌表面の細胞を傷つけ、炎症を起こしてしまう紫外線です。日焼けして肌が赤くなったり黒くなったりするのはB波によるもので、シミやお肌のくすみの原因にもなります。お肌の奥にゆるやかに影響をおよぼすA波に比べ、B波はお肌への悪影響がすぐに出やすいという特徴があります。さらにB波は、皮膚がんの原因になることも! 健康のためにも、B波には特に注意しましょう。

f:id:ponparemall:20160708195736j:plain

紫外線A波(UVA)は、お肌の奥深くまで届き、ハリの低下やシワの原因に。紫外線B波(UVB)は、お肌の表面の細胞を傷つけ、いわゆる「日焼け」の症状をもたらします。場合によっては、皮膚がんにもつながるので要注意!

日焼け止めの「SPF」と「PA」の意味は?

f:id:ponparemall:20160708195737j:plain

そんな恐ろしい紫外線からお肌を守ってくれるのが、日焼け止めです。この日焼け止めには、一般的に「SPF35」「PA+++」などの値が記載されていますよね? A波をどのくらい防ぐかを表すのが「PA」で、B波をどのくらいの時間防ぐかを表すのが「SPF」。ちなみに、現在日本で発売されている日焼け止めは、「SPF50+」、「PA++++」が最高値です。

「最高値の日焼け止めを使っていれば安心」と思う方も多いかもしれませんが、そのぶん肌への負担も高くなるので、日常使いにはオススメできません。でもPA・SPFの値が低いと、不安になっちゃいますよね…。日常に使うなら、どれくらいのPA・SPF値があれば安心できるのでしょう? まずは、肌への影響が特に怖い、B波を防ぐSPFについて学びましょう。

SPF「1」で約20分

SPFの数値は、そもそも紫外線を防ぐ力の強さではなく、「日焼けまでの時間をどのくらい引き延ばせるか」を表します。SPF「1」で約20分。つまり、SPFが「20」あれば、約400分(6時間40分)日焼けを防いでくれる計算です。SPFが高くなると肌への負担が大きくなる可能性が高いので、日常使いであれば、SPF30(約10時間)あれば十分でしょう。SPF値の低い日焼け止めをこまめに塗り直したり、適正な量を塗るよう心がけることのほうがお肌のためには大切です。

実はあいまいなPAの定義

一方、PAの表示は、A波に対する防御効果が、+(ある)、++(かなりある)、+++(非常にある)、++++(極めて高い)の4段階あります。わりとあいまいな感じで括られており、実は、PAにはそこまで明確な定義がないと言われています。また、PAは+が多くなってもSPFほどの肌負担はなく、一般的には「++」であれば、十分な効果が得られるとされています。

効果を発揮させるには、500円玉大の量が必要

では、日焼け止めの効果を十分に発揮させるためには、どれくらいの量を一度に塗ればよいのでしょうか?

正解は、顔に使用するなら大体500円玉大の量が必要。商品にもよりますが、実際このくらいの量を塗らないとSPF・PAの数値分の効果を得ることができないといわれています。わりと多く感じるので、慣れていないとベタつきが気になるかもしれません。

また、塗りムラにも注意が必要です。塗るときは塗り込むよりも、お肌の上にトントンと置くようにしましょう。頬骨や鼻など、顔にある凸部分は日焼け後赤くなることが多いので、まずはそのあたりから丁寧に塗り始めるとよさそうです。

f:id:ponparemall:20160708195738j:plain

さらに日焼け止めは、「紫外線吸収剤」を使ったものと「紫外線散乱剤」を使ったものの、大きく2種類に分けられます。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して光エネルギーに変えることで肌への紫外線ダメージを防止するもの。紫外線散乱剤は、紫外線を乱反射させ肌への浸透を防ぐものです。

紫外線吸収剤はSPF値の高い商品に使われていますが、肌への負担が大きいのと、クレンジングをしっかりしないと落ちにくいので要注意。一方、紫外線散乱剤は肌への負担が少なく、ミネラルファンデーションなどにも多用されています。

紫外線散乱剤タイプの日焼け止めは、肌にやさしい反面、汗で落ちやすいので「日常使い」に。紫外線吸収剤タイプは汗を多くかく「レジャーシーン」や、「一日中強い紫外線を浴びるとき」など、使い分けるのがオススメです。

日焼けをすると乾燥…保湿ケアは一年中必須です!

f:id:ponparemall:20160708195739j:plain

「夏は何より日焼けが大敵!」と、紫外線対策にばかり目がいってしまうますよね。 でも実は、紫外線対策と一緒に今の時季こそ気をつけたいことがあるんです。それが保湿ケア。

日焼けしたときにお肌の乾燥を感じた経験、ある人も多いのでは? 夏は「ベタつくから…」と乳液を使用しなかったり、保湿ケアを怠る人が多いですが、実は夏こそ肌が乾きやすく、油断大敵なんです。

日焼けで肌の表面のバリア機能が壊されると、お肌の保湿力が落ち、乾燥気味になることがあります。日焼け肌にはもちろん、美肌のためには、夏を含めて一年を通じた保湿が大切。保湿のコツは、こまめに行なうことなのです。

春夏秋冬、乾燥はお肌の大敵。特に夏は、紫外線だけでなく、エアコンでもお肌が乾燥します。湿気の多い夏だからといって、保湿ケアはサボらないように気をつけましょう!

取材・文・イラスト/鈴木翔子

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。