体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年の夏こそ自分で着付け! 浴衣をキレイに着るテクニック【動画付き】

今年の夏こそ自分で着付け! 浴衣をキレイに着るテクニック【動画付き】
f:id:ponparemall:20160711111137j:plain

いよいよ、各地で花火大会や夏祭りが開催される時季。キレイな浴衣姿で、夏のデートや女子会を盛り上げたいもの。そのためにマスターしたいのが浴衣の着付け。そこで、ハクビ京都きもの学院で、見映えがよく崩れにくい着付けのテクニックを教えてもらいました! 夏が来るたびに「自分で着られたらいいのに…」と思っていたアナタ、今年こそその想いを叶えちゃいましょう!

準備するもの

f:id:ponparemall:20160711113547j:plain

まずは浴衣スリップ、腰ひも、伊達締めを用意します。衿合わせを固定する「コーリンベルト」や、帯のシワを防ぐ「帯板」もあれば便利。また、補整が必要な人は、フェイスタオルを2本用意しましょう。

f:id:ponparemall:20160711114503j:plain

お好みの浴衣と帯を用意します。なるべく自分の体のサイズに合ったものの方が、キレイに着付けることができます。また、身長や肌の色、顔立ちなどにより、似合う柄や色は人それぞれ。いろいろな浴衣を試して、自分にぴったりのものを探してみては。

着付けの前に知っておきたい、浴衣の名称

f:id:ponparemall:20160711111256j:plain

これらの名称は、着付けのプロセスにも登場します。頭に入れておくと着付けがスムーズに進むはず。

いよいよ着付けスタート!

f:id:ponparemall:20160711111313j:plain

【1:浴衣スリップを着る】ヘアメイクを済ませておき、浴衣スリップを着ます。下着は上下とも透けにくい色を選びましょう。また、和装ブラジャーやスポーツブラ、カップ付きキャミソールなど「胸を盛らない」ものがおすすめです。

腰ひもや伊達締めはほどいてすぐ使える状態にし、立ったままでも取りやすいところに置いておきます。

f:id:ponparemall:20160711111330j:plain
1 2 3 4 5次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。