ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年の夏こそ自分で着付け! 浴衣をキレイに着るテクニック【動画付き】

  • ガジェット通信を≫


いよいよ、各地で花火大会や夏祭りが開催される時季。キレイな浴衣姿で、夏のデートや女子会を盛り上げたいもの。そのためにマスターしたいのが浴衣の着付け。そこで、ハクビ京都きもの学院で、見映えがよく崩れにくい着付けのテクニックを教えてもらいました! 夏が来るたびに「自分で着られたらいいのに…」と思っていたアナタ、今年こそその想いを叶えちゃいましょう!

準備するもの

まずは浴衣スリップ、腰ひも、伊達締めを用意します。衿合わせを固定する「コーリンベルト」や、帯のシワを防ぐ「帯板」もあれば便利。また、補整が必要な人は、フェイスタオルを2本用意しましょう。

お好みの浴衣と帯を用意します。なるべく自分の体のサイズに合ったものの方が、キレイに着付けることができます。また、身長や肌の色、顔立ちなどにより、似合う柄や色は人それぞれ。いろいろな浴衣を試して、自分にぴったりのものを探してみては。

着付けの前に知っておきたい、浴衣の名称

これらの名称は、着付けのプロセスにも登場します。頭に入れておくと着付けがスムーズに進むはず。

いよいよ着付けスタート!

【1:浴衣スリップを着る】ヘアメイクを済ませておき、浴衣スリップを着ます。下着は上下とも透けにくい色を選びましょう。また、和装ブラジャーやスポーツブラ、カップ付きキャミソールなど「胸を盛らない」ものがおすすめです。

腰ひもや伊達締めはほどいてすぐ使える状態にし、立ったままでも取りやすいところに置いておきます。

浴衣をキレイに着るには、体のラインを円筒形に近づけることがポイント。必要に応じて次のように補整しましょう。4つ折りにたたんだフェイスタオルを腰にあて、その上から縦2つ折りにたたんだフェイスタオルをひと巻きし、腰ひもで押さえます。

【2:背中心を合わせて裾のラインを決める】浴衣を羽織り、左右の襟を合わせて片手で持ちます。もう一方の手で背縫いが背中の中心になっていることを確認してから、浴衣を持ち上げます。くるぶしにかかるくらいの位置で裾を決めます。

【3:上前幅を決める】下前(右手側)を開いておき、上前(左手側)の幅を決めます。上前の端が体の右側のラインを隠すくらいに。

【4:下前幅を決める】3で決めた上前幅がずれないように静かに開き、下前を合わせます。下前が体の幅より広く余ってしまう(下前の端が左腰骨よりハミ出す)場合は、体に巻き込みすぎないように、左腰骨を基点に余った分だけ前に折り返します。

【5:上前を合わせて腰ひもを当てる】上前を元の位置に戻して重ね合わせ、褄先を軽く引き上げてから、腰ひもを腰骨より2〜3cmくらい上に当てます。そのまま手を体に沿わせながらひもを後ろへ回し、交差させてから再び前へ。この時、裾のライン(着丈)がずれないように注意。

【6:腰ひもを結ぶ】体の中心を避けてひもを結びます。腰ひもがゆるいと着崩れの原因となるので、しっかり締めておきましょう。

ゆるみにくい「片花結び」(片方だけ輪になる結び方)がおすすめ。余ったひもは胴に巻いたひもに絡めて挟んでおきます。

【7:前後のおはしょりを整える】身八つ口から浴衣の中に手を入れて、おはしょりをキレイに下ろして整えます。

おはしょりの中で、手はこのようになっています。

後ろのおはしょりも同じように整えます。

【8:背中心を合わせて衣紋を抜く】背縫いを持って背中の中心に合わせ、引き下ろして衣紋を抜きます。衣紋の抜き加減は、首と衿の間に指が3本入るくらいが目安。

【9:衿合わせをする】のどのくぼみあたりで衿が交差するように合わせます。まずは下前の衿をなで下ろすように体に沿わせ、身八つ口に入れた左手で押さえておきます。上前の衿もなで下ろします。この時、せっかく抜いた衣紋が詰まってしまわないように気をつけましょう。

【10:胸ひもを結ぶ】胸の下あたりにひもを当て、後ろで交差させてから前で2回からげます。

右手のひもを左へ、左手のひもを右へ持っていくように交差させてから、余ったひもは胴に巻いたひもに挟み込みます。

【11:伊達締めを結ぶ】伊達締めをすると衿元が崩れにくくすっきり仕上がります。結び方は10と同じ。帯板を使う場合は、このあとにつけます。

最後に着付けの動画があります。動きを詳しく確認したい人はチェック!

王道の「文庫結び」をマスター!

【1:手の長さを決める】「手」(最初に手に取る部分)の長さを帯幅の3倍くらい(50〜60cm)取り、半分の幅に折ります。輪を下にして持ち、伊達締めの前中心に着付けクリップ(洗濯バサミでもOK)で仮どめ。クリップのところで帯を広げ、左脇へ持っていきます。

【2:帯を胴にふた巻きする】「たれ」(「手」以外の部分)を左脇から後ろへ回し、胴に2回巻きます。1回巻くごとに、ゆるまないようにキュッと引き締めましょう。右腰骨の位置からたれを斜め内側へ折り上げます。

【3:帯をひと結びする】手が上になるようにひと結びします。この時、手をしっかり持っておき、たれを斜め下へキュッと引くのがコツ。

【4:羽根の長さを決める】文庫結びの羽根の長さを決めます。たれ先を体に当て、肩幅くらいを目安に。決めた長さに合わせて、たれを折りたたみます。すべてたたみ込んだら、羽根の真ん中に結び目がくるように調整します。

※両面が同じ色の帯は「びょうぶだたみ」(ジグザグに折り返してたたむ方法)、裏表が異なる帯は「巻きだたみ」(くるくる巻くようにたたむ方法)にします。

【5:ひだをつくる】折りたたんだたれの中心にひだをつくります。

【6:羽根に手をふた巻きする】ひだの上に手をかぶせて、ふた巻きします。

【7:手先を帯に差し込む】手先を胴に巻いた帯の内側へ入れます。

この時、手先が帯の下に飛び出すようであれば、余った部分を折り上げて帯の中に隠します。

【8:羽根を整える】左右の羽根をキレイに広げ、垂れ下がるように整えます。

【9:帯を後ろへ回す】右手で文庫結びの中央、左手で帯の下側を持ちます。右脇に向かって帯を回し、そのまま後ろへ。文庫結びの中心と背中の中心を合わせます。

文庫結びの完成です!

紹介した着付けテクがさらによくわかる動画はこちら!

youtu.be

着付指導/ハクビ京都きもの学院 遠藤三枝子

ハクビ京都きもの学院 公式サイト

撮影/島袋智子

動画制作/エブリー

モデル/濱田あおい

取材・文/井上菜々子

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP