ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米AT&Tが初のLTEスマートフォン「Galaxy S II Skyrocket」と「HTC Vivid」を発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米AT&Tが同社初となるLTE対応のAndroidスマートフォン「Galaxy S II Skyrocket」と「HTC Vivid」を発表しました。どちらも米国時間11月6日に発売されます。AT&Tとの2年契約での価格は、Galaxy S II Skyrocketは$249.99、HTC Vividは$199。現在AT&Tは米国5都市でLTEサービスを提供していますが、上記2機種の発売同日より、ワシントンD.C、ボストン、ボルチモア、ジョージア州アセンズでもサービスを開始します。AT&Tは年内までに上記以外に6都市でもサービスを開始する予定です。Galaxy S II Skyrocket(図左)はGalaxy S II LTEをベースとしたAndroidスマートフォン。 Android 2.3.5(Gingerbread) 4.5インチWVGAサイズのSuper AMOLED Plusディスプレイ 1.5GHzデュアルコアプロセッサー 1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、microSD/microSDHC対応(最大32GB) 背面に800万画素CMOSカメラ(フラッシュ付)、前面に200万画素CMOSカメラ 1080pフルHD動画撮影対応 AT&Tの”4G”ネットワークではLTEのほかHSPA+にも対応します。HTC Vivid(上図中央と右)は”Holiday”として知られるAndroidスマートフォン。 Android 2.3(Gingerbread) 4.5インチqHDサイズのIP液晶ディスプレイ 1.2GHzデュアルコアプロセッサー 1GBのRAM、16GBの内蔵ストレージ、microSD/microSDHC対応(最大32GB) 背面に800万画素裏面照射型CMOSカメラ(F値2.2、28mm広角レンズ、AF、デュアルLED) 1080p@60fpsフルHD動画撮影対応 前面に200万画素CMOSカメラ AT&Tの”4G”ネットワークではLTEのほかHSPA+にも対応します。Source : AT&T 


(juggly.cn)記事関連リンク
Archos、G9タブレットをAndroid 4.0にバージョンアップ予定、OMAP 4460 1.5GHz搭載版は12月に発売予定
Android 4.0(Ice Cream Sandwich)電話アプリと新たに追加された「ユーザ」アプリのスクリーンショット
NTTドコモ、2011年冬の新機種「P-01D」を11月10日に発売、11月3日より予約開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。