ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

デュアルSIM デュアルスタンバイ採用のMoto G4 Plus登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デュアルSIM デュアルスタンバイ採用のMoto G4 Plus登場モトローラは、SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の予約を7月13日から開始。価格は32GBモデルが35,800円、16GBモデルは32,800円になる見込みで、販売開始は22日を予定しています。
サイズは152.9×76.5×7.87(mm)で、ディスプレイには5.5インチ フルHD(1,920×1,080)を採用し、CPUはQualcomm社製のSnapdragon 617 オクタコアCPUを搭載。RAM2GBでROM16GBのタイプと、RAM3GBでROM32GBのタイプのものを用意しています。

対応するバンドはLTEがBand 1/3/5/7/8/19/20/28/40、3GはBand 1/2/5/8/19、そして2Gが850/900/1800/1900。2つあるSIMスロットのサイズは、ともにmicroSIMとなっており、nanoSIMを使用する場合は同梱のアダプターにセットすることで利用可能となるとのこと。

本端末の最大の魅力は、デュアルスタンバイであるということ。これまで日本国内で販売していたデュアルSIMの端末はシングルスタンバイとなっており、2枚のSIMを挿していたとしてもどちらか一方の電波しか受信できませんでした。

しかし、このMoto 4G Plusであれば一方にデータ通信専用SIM、他方に通話SIMを入れてどちらも待受け状態にすることができます。なお、デュアルスタンバイで使える組み合わせは、LTE+3G、3G+3G、3G+2Gで、また、デュアルスタンバイ状態だと電池の消耗が大きいとのこと。

ほかにも、レーザーオートフォーカスや指紋センサーなども搭載されているので、デュアルSIMデュアルスタンバイが必要ないと思う人でも満足のいく性能を有していると言えるのではないでしょうか。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。