体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京スカパラダイスオーケストラ、9月発売のニューシングルでKen Yokoyamaと再びタッグ

6月22日にリリースしたKen Yokoyama との強力コラボシングル「道なき道、反骨の。」が話題沸騰中のスカパラだが、9月7日発売のニューシングル「さよならホテル」で再びKen Yokoyamaとタッグを組むことが発表された。第2弾シングルはロックステディーLIKEなメロウナンバー。優しくも力強いKen Yokoyamaの歌が胸に響き渡る楽曲に仕上がっている。
東京スカパラダイスオーケストラ×Ken Yokoyama (okmusic UP's)
そして、このニューシングルには表題曲である「さよならホテル」をKen Yokoyama自ら詞を英訳し、歌唱したカバーヴァージョンを同時収録。さらに両者がコラボして演奏した、「Punk Rock Dream」(Live at 京都大作戦2016)、甲本ヒロトがボーカルを務めたあの名曲をKen Yokoyamaが歌唱した「星降る夜に」のライブヴァージョンも収録。すべてが初収録となり、まさにシングルの領域を超えたスペシャルシングルとなっている。またDVDには谷中敦と横山健のインタビューを始め、レコーディング風景やゲリラライブ、そして渋谷ヴィレッジヴァンガードで行われたJUSTA RADIOスペシャルの映像など、豪華なスカパラ×Ken Yokoyamaのドキュメンタリー映像も収録され、ファンならずとも楽しめる内容となっているので是非チェックして欲しい。

さらに同日9月7日(水)にブラジルでのライブを記念して発売されたブラジル向けの独自BEST盤『TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA〜Selecao Brasileira〜』が日本でもリリースされることも発表された。中米はメキシコを中心に人気沸騰中のスカパラが、今度はブラジルに上陸。

現在ブラジルNO.1 HIP-HOPアーティストとの呼び声が高い、Emicida(エミシーダ)とコラボして、あの名曲「上を向いて歩こう」をカバーし、名曲が更に名曲へと変貌。そしてSka Me Crazyをブラジルのパーカッション集団、アフロレゲエを迎えてリアレンジ、ブラジルの名曲Mas Que Nadaもスカパラアレンジで新収録しており、ただのBEST盤ではなく新録も3曲収録したパッケージとなっている。

8月6日には彼らが主催するフェスティバル”トーキョースカジャンボリーvol.6″が開催され、11月からはライブハウスツアー「Paradise Has No Border」もスタートするなど2016年も精力的に活動している彼ら。25年間止まる事なく走り続ける東京スカパラダイスオーケストラ。常に音楽シーンの頂点に君臨し続ける彼らの2016年の動向から目が離せない。

【東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦 「さよならホテル」コメント】
「ホテルは人生という旅の拠点、人が愛を交わす場所でもあります。『いつかまた来たいね。』と言うとき、二人とも無理だって分かっているときもあります。取り返しのつかないことが起こって、お互いにばらばらになったあとも、そのとき宿泊したホテルにはずっと二人の気持ちが宿っているのかも知れません。思い出は永遠にチェックアウト出来ないのか…。そんな切ない気持ちを託した『さよならホテル』。

きっとこんな歌詞は照れ臭いんじゃないかな、そう思いながらも無理を承知で横山健にお願いして歌って貰いました。

普段英語で歌ってる横山健の日本語詞による大人過ぎるラブソング。二重の挑戦を成し遂げて感動をもたらしてくれた彼には感謝しかありません。」

【リリース情報】
シングル「さよならホテル」

2016年9月7日発売

【CD ONLY】

CTCR-40385/¥1,000+税

【CD+DVD】

CTCR-40384/B/¥2,300+税

<収録曲>

■CD

1,さよならホテル/ 東京スカパラダイスオーケストラ feat. Ken Yokoyama

2, Sayonara Hotel / Ken Yokoyama

3, Punk Rock Dream -Live ver.- (Live at 京都大作戦2016)

4,星降る夜に/ Vocal:Ken Yokoyama

■DVD

*さよならホテルMusic Video

*スカパラ×Ken Yokoyamaドキュメンタリー映像

【ブラジル盤/商品概要】

アルバム『TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA〜Selecao Brasileira〜』

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。