ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

政治屋に大甘な国民 「歯舞」が読めない担当大臣でもOKか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院選や東京都知事選が迫っているが、「モラルのない政治家たちに国民はもっと怒るべき」と指摘するのは、ジャーナリストの落合信彦氏だ。

 * * *
 かつてゴルバチョフ政権で外相を務めたエドゥアルド・シェワルナゼは、私のインタビューに対し、「政治家は血の通った人間であり続けなければならない。政治とは人間なのです。人間性なのです」と語っていた。ところがいまは、「政治とはカネだ」という思想に囚われている議員ばかりになってしまった。

 メディアの罪も大きい。大手新聞社の社長や幹部たちは安倍との会食を重ねている。「総理大臣とメシを食っている自分」に酔っているのだろうが、権力を監視すべき役割のメディアのトップが仲良く一国のリーダーと食事をするなど、他の先進国ではありえない。

 国民が投票の際に判断材料にすべき「安倍政権の検証」も、メディアはまったくやっていない。どんな政策目標を掲げ、どれだけの予算を使ってどんな成果が得られたか。あらゆる企業で当たり前に行われている検証作業が、一切なされていないのだ。

 もっと言えば、メディアは、国会議員一人ひとりが任期中に何をしてきたか、どんな発言をしていたか、国会でどんな議論をしていかなる成果を得られたのか、徹底的に検証し、国民に伝えるべきだ。

 そうすれば、ほとんどの議員が、国会に出席していても海外視察を繰り返していても「何の成果も得られていない」ことが一目でわかるだろう。現職の政治家を選挙で全部落とせば、少しはキレイになるはずだ。

 メディアだけではなく、国民自身の責任も指摘しておかなければならない。もしアメリカだったら、「違法性はないから辞任しない」などといった舛添(要一)に対しては、都議会であんなに揉めるまでもなく市民に怒りが広がり、都庁がデモで取り囲まれ、あっという間に辞任に追い込まれただろう。

 甘利(明)秘書が不起訴になったことも同様だ。いつの間にか、日本国民は政治屋に対して大甘になってしまった。

 沖縄北方担当相の島尻安伊子が「歯舞群島」の「歯舞」を「ハボ……えーっと、何だっけ」と読めなかったことについても、国民はただ笑っているだけで、辞めさせようという動きにはならない。本来なら「そんな教養も素養もない人間に国民の未来は託せない」と辞めさせるべきだろう。

 国民は、こんな政治にもっともっと怒るべきなのだ。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
森達也氏が実例を紹介しメディアをうまく使う方法を考えた本
小沢一郎氏と対談したオランダの大学教授「彼はチャーミング」
政治家とメディアの会合 米は「コーヒー1杯」超えると癒着

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP