ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アンテナ高く張られる美智子さま ラップご挑戦も納得と関係者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《天皇、皇后両陛下とお話させて頂きました!!! それだけでも一生の思い出なんですが、な、な、なんと!!! 天皇陛下が皇后陛下に対して「ラップといえばあなたがやっていましたね」と!? 「ポリネシア」や「インドネシア」など、国名を覚える為にラップを書いた事があるそうです!!!》

 7月6日、ラッパーのZeebra(45才)は自身のツイッターに興奮さめやらぬ様子でそう綴った。この日、天皇皇后両陛下は都内でチャリティーコンサートを鑑賞された。小児がんなどの病気と闘う子供たちを支援するため、森山良子(68才)が中心となって開かれたこのコンサートでは、Zeebraのほか谷村新司(67才)や由紀さおり(67才)がステージに登場し会場を沸かせた。

「森山さんの歌う『いい日旅立ち』や谷村さんの代表曲『昴』に両陛下は静かに耳を傾けられ、曲が終わるごとに身を乗り出すようにして大きな拍手を送られていました」(皇室記者)

 両陛下が特に感慨深いご様子を見せられたのは由紀が『夜明けのスキャット』を歌っている時だった。

「実はこの曲は、2012年に陛下が心臓のバイパス手術を受けられた際、美智子さまが病室でかけられた曲だったのです。1969年に出したシングルレコードでいずみたくさん作曲です。発売から40周年を迎えた2009年に初めてCD化されたそうです」(前出・皇室記者)

 コンサート終了後、両陛下は控え室で出演者に労いのお言葉をかけられた。その折、Zeebraは「美智子さまがラップをやられていた」という予想外のエピソードを聞いたという。

「“美智子さまとラップ”というと、どこか違和感を覚えるかもしれませんが、美智子さまはどんなことにも好奇心が旺盛。皇后というお立場上、老若男女さまざまな人と交流する機会がありますから、話題が豊富なのです。若いかたとお話しになるときに流行のキーワードを口にされることもあります。以前、水泳の北島康介選手(33才)が叫んで流行語にもなった『チョー○○』をお話に取り入れられたこともあったとか。常にアンテナを高く張られ、その1つがラップだったのでしょう」(宮内庁関係者)

 美智子さまは音楽に精通されていることでも知られるが、ピアノやクラシック音楽の印象が強い。

「毎年夏の静養中に、『草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル』でピアノの腕前を披露されていますし、陛下が弾かれるチェロとデュエットされることもあると聞きますから、そのイメージが残るのでしょう。ですが、民謡や琉球音楽から、タイやベトナムといった海外の音楽にも、造詣が深くていらっしゃいます」(前出・宮内庁関係者)

 今年1月、美智子さまは『コカリナ20周年記念コンサート 歓喜の歌』という演奏会を鑑賞された。

「その日、アンコールで唱歌の『故郷』を演奏したところ、客席で美智子さまもご一緒にコカリナを合奏してくださったのです」

 そう明かすのはコカリナを日本に紹介し、その演奏家でもある黒坂黒太郎さん。オカリナやリコーダーに似たハンガリー生まれの木製笛で、美智子さまはコカリナ歴15年以上だという。

「御所にお伺いして、指導させていただいたこともございました。お小さい頃からさまざまな音楽に慣れ親しまれていらっしゃったからでしょうか、美智子さまはすぐにお上手に奏でられていました。コカリナの演奏には人柄が出るといわれますが、とても優しい音色でした」(黒坂さん)

 ご多忙の中でも、美智子さまの周囲には、豊かな音色が響きわたっている。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
被災地女性 美智子さまの「大丈夫ですよ」に奮起し店を再開
訪英終えた天皇皇后両陛下のハードな日程に体調心配する声も
天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。