ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村田兆治氏 投球を愚痴っても背中を押してくれた母の言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「孝行のしたい時分に親はなし」というが、男にとって生まれて最初に接する異性である母の愛のありがたみは、失ってみて初めて気づくことがほとんどだろう。母の思い出を、プロ野球解説者で「マサカリ投法」で知られる村田兆治氏(66)が語る。

 * * *
 おふくろは親父に口応えをせず、とにかく男性を立てる。男尊女卑のいい面を持った女性でしたね。

 親父は広島県の職員。生活は安定していたが、子供の頃から贅沢はしたことがなかった。家の裏には小さな畑があって、おふくろはそこで穫れた野菜をバランスよく食べさせてくれた。

 当時はもっぱら田んぼで相撲などをとって遊んだ。カープファンの親父に連れられて市民球場で何度か野球を観戦したが、実際に野球を始めたのは小学4年。学校のソフトボール部に入部した。

 中学でも野球部に所属し、高校は甲子園を目指して広島の強豪・福山電波工業に進学した。甲子園の夢はかなわなかったが、ロッテからドラフト1位で指名を受けた。小学生からの夢だったプロ野球選手になることができたが、進路はすべて自分で決めてきた。

 親父もそうだったが、特におふくろは「自分の道は自分で切り開きなさい」という考え。失敗を恐れず何事にでもチャレンジすればいいという人だった。

 もちろん試合で打たれると落ち込んだし、夏の練習で食欲が落ちることもある。落ち込んだ時は明るく接してくれるし、食が進まない時は食べやすいものを作ってくれた。いつでも温かく見守ってくれた。

 勝ち投手になれば「よかったね」と電話を掛けてきた。その時に「今日のピッチングは俺が求めているものとは違うんだ」とグチっても、「じゃ次に頑張ればいい」と受け止めてくれた。そんな一言で励まされたり、気持ちの切り替えができたことも少なくなかった。

 当時は投手がヒジにメスを入れるのはタブーとされてきたが、私は後悔しないためにトミー・ジョン手術を受けた。そして、復活を目指して滝に打たれ、山籠もりもした。1日40kmを走り込み、ついに“サンデー兆治”として復活できた。

 その間に病床で「俺の右腕を持っていけ」といってくれた親父を亡くしたが、そんな親父とおふくろに育てられた私は自分に負けることはできなかった。

 おふくろは球場へ何度か足を運んでくれた。現役生活23年間の最後のマウンドとなった引退試合のスタンドにも姿があった。そして、試合後に「よく頑張ったね」と声を掛けてくれた。

 決断するのも自分、頑張るのも自分。それを無言で背中を押して教えてくれたおふくろも、3年前に99歳で亡くなった。姉や兄に介護で世話になったが、最後は笑顔で旅立っていった。

●むらた・ちょうじ/広島県生まれ。1967年にドラフト1位で東京オリオンズ(1969年にロッテオリオンズ)に入団。左足を大きく上げる「マサカリ投法」で生涯成績215勝を築いた。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
風間杜夫が父の思い出語る「座卓をひっくり返したことも」
三國連太郎 よく殴る父親から逃げるため「家出を繰り返した」
大谷昭宏氏 「親が残すものは教育だけ」亡き母の言葉を明かす

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP