ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

走る宝石!MVアグスタのバイク人気モデルと高価買取のコツ

  • ガジェット通信を≫

MVアグスタのバイクの歴史


photo by Klaus Nahr

MVアグスタはイタリアのオートバイメーカーです。創業は1923年でバイクの製造を手がけたのは終戦後の1945年。戦時中から製造していたモペットをベースに、オートバイの製造を開始しました。

1950年代はMVアグスタの黄金時代で、ロードレース世界選手権で数々のワールドチャンピオンのタイトルを獲得しています。1958年から1960年まで、世界選手権のすべてのクラス(125~500cc)のタイトルを独占したメーカーでもあります。

ところが1970年代にオートバイの生産から撤退します。

MVアグスタの復活は1997年に始まります。イタリアのオートバイメーカーのカジバが「MVアグスタ」のブランドを取得し、そこから買収・売却を繰り返して2010年には再びカジバの創業者一族の経営が始まります。

そして2016年3月、4000万ユーロという巨額な負債によって倒産手続きを開始しました。ところが、MVアグスタユーザーは何度もMVアグスタの倒産を経験していますので、慌てる様子はまったくなく、MVアグスタは何事もないかのようにキャンペーンやイベントを開催しています。

現時点では今回の倒産が中古市場に与える影響はまだわかりませんが、市場での混乱が少なく、しかもかなりの数のバックオーダーもありますので、どんな形であれMVアグスタは残っていくでしょう。

むしろ現在、従業員への給料の支払いが遅れているため、生産が絞られていることで供給不足のほうが懸念されている状態です。

MVアグスタのバイクの人気モデル


photo by Klaus Nahr

MVアグスタのバイクは複数のラインナップがあり、その中でも高価買取の期待できる人気のモデルについて紹介します。

F4シリーズ

F4 RC

排気量:998cc
メーカー希望小売価格:469.8万円
世界限定250台の販売で、日本では5台入荷していますがもちろん完売しています。250台全てに証明書がつく、人気のF4シリーズの最高峰となるモデルで、レースでも使用できるMVアグスタの自信の1台です。

F4 RR

排気量:998cc
メーカー希望小売価格:307.8万円
FR RCは特別な仕様となっていますが、MVアグスタの本来のフラグシップモデルがこのF4 RRです。イタリアンバイクらしいデザイン性の高さと、200.8馬力のエンジンが魅力の1台です。

F3シリーズ

F3 675 RC / F3 800RC

排気量:675cc / 798cc
メーカー希望小売価格:199.8万円 / 218.16万円
F3 675 RCは世界限定100台、F3 800RCは世界限定250台の販売となるプレミアムモデルです。サーキットで誕生したF3 RCの技術を惜しみなく注ぎ込んだ、MVアグスタの誇る至高の3気筒モデルです。

F3 800 AGO

排気量:798cc
メーカー希望小売価格:279.7万円
イタリアントリコロールとゴールドのフレームで見るものを魅了する1台です。バイク界のレジェンドとなった、ジャコモ・アゴスチーニのグランプリバイクのレプリカとして、MVアグスタの伝説を引き継ぐ1台です。

ブルターレシリーズ

BRUTALE CORSA

排気量:1078cc
メーカー希望小売価格:276.7万円
ハンドメイドによって組み立てられるMVアグスタの最高級ネイキッドモデルです。細部にまでこだわってデザインされた1台は、ブルターレシリーズの中でも特別な存在であることがひと目でわかります。

BRUTALE 1090 RR

排気量:1078cc
メーカー希望小売価格:224.6万円
BRUTALE CORSAは特別な1台ですが、MVアグスタのネイキッドモデルのフラグシップモデルがBRUTALE 1090 RRになります。MVアグスタの伝統スタイルを引き継いだ真っ赤なフレームが目を引く1台です。

MVアグスタのバイクを高価買取してもらうコツ


photo by RL GNZLZ

MVアグスタは買取価格が100万円を超えるモデルも少なくない、中古市場でもニーズの高いバイクになります。多くの買取店が買取を希望するバイクですので、高価買取は間違いありませんが、それでも1円でも高く買取してもらうためにはいくつかのコツがあります。

ここではMVアグスタのバイクを高価買取してもらうためのコツを紹介します。

輸入車の取扱いが得意な買取店で査定してもらう

MVアグスタのバイクは知名度も高く、バイクの売買をしている人たちなら誰もが知っているバイクですが、本体に触れたことがある人はそれほど多くありません。メンテナンス経験者も少なくなりますので、MVアグスタを適正な価格で買取査定できる人はさらに少なくなります。

それでも輸入車を専門的に扱っている買取店なら、国産車にはない個性のある世界中のバイクを扱っていますので、国産車中心の買取店よりも査定の精度が高くなります。

MVアグスタのバイクの買取査定は、輸入車の取扱いに慣れている買取店に査定してもらうようにしましょう。

しっかりとメンテナンスして査定してもらう

買取してしまうのだからメンテナンスも適当にしておこう。そんな気持ちで買取査定に出すと買取にはマイナスな影響を与えます。

MVアグスタは決して安くないバイクで、そのデザイン性が特に注目されているバイクです。美しさが人気の秘密ですから、泥だらけであったり、エンジンオイルが真っ黒な状態では、買取査定は必然的に下がってしまいます。

自分ができる範囲のメンテナンスで構いませんので、しっかりきれいな状態にして買取査定を受けるようにしてください。

交換した部品は元に戻すか付属品としてつけてお

MVアグスタのバイクはノーマルでも十分にデザインが良く、性能も高いのですが、部品交換や改造もバイク乗りの楽しみのひとつです。おそらくほとんどの人がカスタムしているはずです。

カスタムバイクはお金がかかっているから高く買取と思いたいところですが、必ずしも買取価格のアップにはつながりません。場合によっては買取価格のダウンにもつながります。

買取査定時は自分でできる範囲でノーマル状態に戻し、カスタムパーツは付属品としてつけるようにしてください。自分で戻せない場合は、必ずノーマル部品を一緒につけて査定してもらいましょう。

まとめ

定期的に経営状況が悪化し、ユーザーをヤキモキさせるMVアグスタですが、今回の倒産も市場は冷静に受け止め、中古市場でも価格が高騰したり暴落しているということはありません。安心して買取査定をしてもらいましょう。

買取査定はできるだけ輸入車の取扱いに慣れている買取店で、できるだけMVアグスタのメンテナンス等の経験のある買取店がおすすめです。100万円以上の高価買取を期待できるバイクですので、慎重に買取店を選んで、1円でも高く買取してもらいましょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。