ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

個人制作ゲームを投稿できるサービス「OPEN GAME」が公開 賞金総額50万円のコンテストも開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バンダイナムコエンターテインメントは7月14日、コンテンツ情報サイト「OPEN GAME」を公開した。


OPEN GAME

「OPEN GAME」では、HTML5形式のブラウザゲームを投稿・共有可能な場として「投稿ゲーム」のコーナーを設置し、合わせてクリエイター向けサイト「OPEN GAME CREATORS」も開設された。ほかにも、パックマン、ギャラクシアン、ゼビウス、マッピーなど21タイトルの二次創作をクリエイターに開放する「カタログIPオープン化プロジェクト」のコンテンツも紹介されている。


カタログIPオープン化プロジェクト

ゲーム投稿にあたっては、「OPEN GAMECREATORS」からのゲーム投稿に限り、「カタログIPオープン化プロジェクト」のクリエイター登録なしに、誰でも「パックマン」や「ギャラクシアン」をはじめとした、カタログIPの対象タイトルを自由に使用したゲームの制作・公開が可能とのことだ。

また、今回のサービス公開に当たって、ゲーム投稿コンテストも開催されている。


OPEN GAME ゲーム投稿コンテスト

コンテストの応募期間は2016年7月14日(木)から10月31日(月)。結果発表は11月下旬となっている。最優秀賞・RPGツクールMV賞・カタログIP賞の3つの賞が設置され、賞金総額は50万円となっている。その他詳細は公式サイトを確認頂きたい。

ブラウザゲームの制作に興味のある方は、エントリーしてみてはいかがだろうか。

関連記事:

名作シミュレーションRPGのような作品が作れる!期待のゲーム制作ツール「SRPG Studio」
ゲーム音楽素材サイト「MIDINGER-Z」がオープン
「ふりーむ!」素材ライブラリが3周年記念セール中、ゲーム制作に使えるマップ・音楽素材が割引で購入可能

カテゴリー : エンタメ タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP