ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイレゾプレイヤー「Luxury & precision L3」7/16より国内先行販売、デュアルDAC構成・バランス出力端子搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イヤホン・ヘッドホン専門店 e☆イヤホンは、フルバランス回路設計、デュアルDAC構成でバランス出力端子を搭載したハイレゾポータブルオーディオプレイヤー「Luxury & precision L3」を7月16日より同社各店舗&Web店舗にて販売開始する。販売価格は49,800円(税込)。

「Luxury & precision」は、数年前Colourflyブランドで世界的に人気を博したDAP製品「COLORFLY C4」開発チームのメンバーが、さらに最高のミュージックプレイヤーを作るため独立/設立したもの。彼らは、精密機器レベルの性能向上、忠実な音の再現、美しい音質と質感を追求していることから、Luxury(豪華)とPrecision(精密)→「Luxury & precision」をブランド名にした。

今回の「L3」は、高音質、高い汎用性と利便性の3つのキーワードをコンセプトに開発。高音質を実現する為、バランスモードの利用を前提に電気回路を設計。パソコンやスマートフォンで動作できるUSB-DAC機能、バランス出力対応と同価格帯にない、快適な操作感と様々な出力手段を実現。汎用性と利便性を共に具現化している。

また、超高精度のTXCO(フェムト秒[千兆分の一秒]級)をデフォルト搭載。OSには、MicroC/OSをベースに開発した独自システムを搭載。高音質の再現性の高さと共に、例えば、DSDをネイティブで再生した場合にはCPUの動作周波数はわずか100MHzと、低EMIと低消費電力化も実現している。

また、DACチップからLPF入出力/信号拡大回路に至るまで、LRチャンネルを完全分離しているバランス回路で設計したフルバランス回路設計。業界トップクラスの110dBチャンネル分離度(32Ω)と共に、低ノイズ化も図っている。さらにDSDフォーマットもDIFF、DSF、ISOと多彩、5.6MHzまでネイティブ再生に対応している。操作環境も任意に各種ファンクション(EQ、再生モード、出力切替等)を割当て可能/ワンクリックで操作できる。

関連リンク

e☆イヤホンhttp://www.e-earphone.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP