ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【新大阪で飲みたい夜】仕事帰りにちょい飲みできる気楽なお店特集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事帰りにふらりと立ち寄れる駅から3分のイタリアン「T’s Cafe」

マグロと生ハムの共演が新感覚の味を生む

地下鉄御堂筋線新大阪駅とJR新大阪駅から歩いて3分。レンガ調の壁が目印の美味しいイタリア料理のお店があります。仕事をビシッと決めた後は、厳選されたワインと美食が食べたくなるものです。こちらのオススメは「本マグロ中トロの生ハム締め」。中トロの甘みと生ハムの香り、そしてマスタードがキリリと効いた逸品です。

中トロと生ハムとは、なかなかのアイデアです

料理に合ったワインはカウンター越しにシェフに聞いてみてください

赤を基調とした店内。カウンター席がちょい飲みにオススメ。

T’s Cafe 新大阪

新大阪 / イタリアン・フレンチ 平均予算: 4000円 アクセス: 大阪府大阪市東淀川区東中島1-19-14

バリバリ仕事したあとは、落ち着きのある空間で軽く良い酒を飲む「互談や」

月替わりのプレミアム日本酒と肉を食して疲れを癒す

新大阪駅から歩いて5分、ニッセイ新大阪ビルの2階に日本酒とお肉の美味しいお店があります。仕事に精を出したあとは、エネルギーを補充しなくてはなりません。150gの国産和牛ステーキと月替わりのプレミアム日本酒を飲みながら、安らぎのひと時を楽しんでくださいね。

日本酒と合うおつまみはコレ「国産和牛のステーキ」

日本酒は月替わりで色々な銘柄を楽しめる

夜景を眺めながらしっぽりお酒を楽しめる

互談や 新大阪店(http://www.hotpepper.jp/strJ001144340/)

新大阪 / 居酒屋 平均予算: 【ランチ】800円【ディナー】4000円 アクセス: 大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル2階

明るい開放的なお店で木のぬくもりを感じながら疲れをとる「アルバータ」

仕事帰りにふらっと立ち寄れる気楽に楽しめるお店

仕事が終わって帰宅するのもちょっとつまらない、という時に立ち寄れるお店が新大阪駅構内にあります。サクッと寄って、ワインと美味しい料理を食べて一息つくには便利なお店。オススメはパテドカンパーニュ、パンとワインで今日のおつかれ飯というのはいかがでしょう。

木の優しい雰囲気が居心地の良い店内

オススメのパテドカンパーニュは赤ワインにピッタリ

仕事終わりの一杯はスパークリングもいいですね

イタリアン&バール アルバータ(http://www.hotpepper.jp/strJ001126436/)

新大阪 / イタリアン・フレンチ 平均予算: 【ランチ】1000円【ディナー】3000円 アクセス: 大阪府大阪市淀川区西中島5-16-1JR新大阪アルデ新大阪

疲れた体を癒したくなったらこのお店がいい「四季自然喰処 たちばな」

鳥取県産の大豆と雨滝の名水で作った自家製豆腐

エネルギッシュに働いた後は、からだもかなり疲れています。そんな時はカロリーが高いものよりも体に優しい天然素材がいいものです。新大阪から歩いて2分の所に、そんな都会のオアシスのようなお店があります。オススメは鳥取県の雨滝の名水と大豆から作られた自家製豆腐のメニュー。ぜひ、一度試してみてください。

豆乳に自家製豆腐をのせた湯豆腐が体にやさしくて美味しい

山芋を練りこんだ絶品の特製つくねもオススメです

店内は和の雰囲気。木の優しさがうれしい

四季自然喰処 たちばな 新大阪本店(http://www.hotpepper.jp/strJ000015917/)

新大阪 / 居酒屋 平均予算: 3500円 アクセス: 大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル2F

大阪・新大阪駅界隈にある仕事帰りにちょい飲みできるお店特集はいかがでしたでしょうか。バリバリ働いた後には、思い切り飲んでリフレッシュしたいですよね。大衆酒場の様な騒げるお店に仲間と繰り出すのも楽しいけれど、たまにはひとりでいい酒といい料理をいただきながら、気分一新というのもいいじゃないですか。出張で行かれる方も、ぜひ利用してみてくださいね。

※本記事は2016/07/14に公開されています。記事に書かれている内容は現在異なる場合がございますので、最新の情報は直接店舗にご確認ください。

関連記事リンク(外部サイト)

【河原町エリア】うまい肉で腹を満たす!ボリューム感重視のお店5選
【西中島】コスパ高いのが嬉しい!気取らない女子会にオススメ居酒屋3選
女子会はやっぱりおしゃれな店で楽しみたい!京都・西院で集まるならココがおすすめ

HOT PEPPER グルメ WEBマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP