ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ハビエル・バルデム、ユニバーサルのモンスター映画シリーズでフランケンシュタインの怪物役へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

往年の複数のモンスター映画をリバイバルする流れの中で、これまでにトム・クルーズ、ジョニー・デップ、ラッセル・クロウなど数々のA級俳優の出演を発表してきた米ユニバーサル・ピクチャーズは、有名なキャラクターを復活させるべく、新たなスターに視線を送っている。

複数の情報筋が本紙ヴァラエティに伝えたことによると、ユニバーサルは往年のモンスター映画シリーズ『フランケンシュタイン』のリブート版で、ハビエル・バルデムと出演交渉中とのことだ。現在のところ、バルデムが演じる怪物がモンスター・シリーズのどの作品に最初に登場するかは分かっていない。リバイバル版モンスターシリーズの第1弾は、クルーズとクロウが出演する映画『The Mummy(原題)』だが、間もなく撮影を終える。

ユニバーサルは映画『フランケンシュタインの花嫁』をベースとする映画も開発中だが、情報筋によると、バルデム演じるフランケンシュタインの怪物は、まずは別のモンスター映画に出演し、後にスピンオフ化する可能性があることを示唆した。

昨年の夏、ユニバーサルは、世界観を共有する複数のモンスター映画を開発するため、アレックス・カーツマン(『スター・トレック』)とクリス・モーガンを起用した。

皮肉なことに、バルデムはクルーズ出演の『The Mummy(原題)』でジキル博士役のオファーを受けていたが、最終的にはその役を見送り、クロウに譲る形となった。

バルデムが出演する最新作には、ショーン・ペン監督の映画『The Last Face(原題)』がある。また、ダーレン・アロノフスキー監督が現在撮影中のタイトル未定の映画では、ジェニファー・ローレンスの相手役を務める。バルデムはさらに、2017年夏に米劇場公開予定の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの最新作『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』にも出演する。

バルデムはWMEと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP