ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カードのスキミング対策に!離れたところからの不正読み取りをブロックする「Vaultcard」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

専用端末にクレジットカードをかざすだけの非接触型支払いを活用したことのある読者は多いだろう。わざわざ、PIN番号を入力したり署名したりするなどの手間が省け、スムーズに支払いができる。

しかし、便利な反面、カードに入っている情報を意図せず読み取られるリスクを伴う。そうした不正アクセスをブロックするカード「Vaultcard」が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

・ 離れたところからも盗まれる

まず、非接触型の技術について。RFIDと呼ばれ、ICタグに埋め込まれた情報を電波で読み取るというものだ。クレジットカードだけでなく、パスポートや商品管理タグ、社員証などにも幅広く活用されている。

電波が届く範囲であれば読み取ることができ、クレジットカードの支払いならスピーディーに決済できるというのがメリット。ただし、この「電波」をスキミング用のスキャナーで読み取られる可能性も否定できない。

こうした専用スキャナーでは6メートル離れたところからの読み取りも可能なのだという。なので、カードを使うシーンでなくても財布に入っているクレジットカードの情報がいつの間にか盗まれていた、ということもあり得る。

・大事なカードと一緒に携帯するだけ

Vaultcardはそうした不正読み取りを防ぐ。使い方は、クレジットカードなど大事な情報が入ったものと一緒(4センチ以内)に携帯するだけ。

Vaultcardは、スキャナーから出る電波を感知すると、ジャミングシグナルを出して読み取りをブロックする。

では、お店などでカードを使いたいときはどうするのか?という声も聞こえてきそうだが、Vaultcardと20センチ以上離すとブロック網から外れ、普通に使えるとのこと。

・8月にも発送開始

Vaultcardはほぼクレジットカードサイズ。財布に忍ばせておける薄さなので、心配な人は活用すると良さそうだ。

現在、Kickstarterで17ポンド(約2300円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成しているので商品化はほぼ確実。8月3日まで出資を受け付け、すぐに発送が始まる見込みだ。

Vaultcard/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2150686/video-684196-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP