ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

柴咲コウ 和牛王の恋人らに感化され起業への興味強める?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

《インターネットを使った映画館の席の予約システム作りました。日本で最初だと思います》
《これからの時代、グーグルには出来ないことをやっていきたい。それは人を移動させ、生の体験をしてもらうこと》

“デキる男”オーラがほとばしるこの言葉は、過去にある男性がネットメディアのインタビューに答えたもの。男性の正体は、“和牛王”の異名を持ち、ブランド和牛の世界展開を手がける実業家・Aさん(39才)。元ソニー社員にして、総合映画情報サイトを立ち上げ、果ては飲食業界にまで進出した気鋭のビジネスマンである。そんな彼が目下注目を集めるのは、実業界ではなく芸能界だった。

「柴咲コウさん(34才)の新恋人なんです。数年前にパーティーで出会い、今年に入って交際に発展したそうです。大学時代にアメリカに留学しており、英語も堪能。趣味はトライアスロンというアクティブ派で、短髪の似合う松坂大輔似のナイスガイです。堀江貴文さん(43才)とも親しく、起業家精神に溢れています」(Aさんの知人)

 ふたりの交際をスクープした『日刊スポーツ』(7月6日)によれば、仕事で海外を飛び回るAさんに合わせて、デート現場は香港やロンドンなど世界各地という“グローバルな交際”を続けているそうだ。柴咲のこれまでの熱愛相手といえば、『DA PUMP』のISSA(37才)、妻夫木聡(35才)、『UVERworld』のTAKUYA∞(36才)など、イケメン有名人たち。

 今回のお相手はまったくタイプが違うが、意外にも(?)柴咲の方がAさんにゾッコンなのだという。

「新鮮だったんでしょうね。なんたってAさんの野望は、グーグルを超える会社を作ることですから。壮大なビジネスビジョンを熱く語る彼は、彼女にとって未知なる刺激に満ちていた。“とにかく仕事ができてカッコいい”と、周囲にのろけています」(前出・Aさんの知人)

 Aさんとの交際で、柴咲はひとつ人生の転機を迎えていた。デビュー以来、所属してきた事務所を離れ、個人事務所での活動を開始したのだ。

「Aさんの周辺にいるかたがたはホリエモンはじめ、第一線で活躍する若手社長が多いので、柴咲さんも彼らに感化されて起業への興味を強めたようです。4月から自分でスタッフを募集し、個人事務所での業務を本格始動させました。古巣の事務所との業務提携は残りますが、今後は新たなビジネスモデルを探るなど、“女優兼社長”として働いていくようです」(芸能関係者)

 今年8月の誕生日で柴咲は35才を迎える。

「もちろんAさんの存在も大きかったとは思いますが、女性としても女優としても節目の年を迎え、“自立心”が芽生えてきた。20年来面倒を見てくれた“育ての親”の元を離れるわけですから、それは大きな決意だったと思いますよ」(柴咲の知人)

 目下の柴咲の仕事は、来年1月放送予定のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。主演の井伊直虎役で、8月から撮影がスタートする。撮影期間は1年間。多忙な日々が続く。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
食卓を片付ける謎の美女・美咲 エプロン姿の君の笑顔が好き
柴咲コウとV6・三宅健に交際報道 柴咲のマンションでデート
謎の美女・新シリーズ「美咲の森」 憂いに溢れた美咲の横顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP