ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

九重親方実践のがん治療法「四次元ピンポイント照射」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年6月に早期の膵臓がんで手術をした元横綱・千代の富士の九重親方(61才)。がん治療というと抗がん剤が勧められることが多いが、九重親方は抗がん剤を拒み、「四次元ピンポイント照射療法」という放射線治療の一種を選択したという。

「四次元ピンポイント照射療法」は、全国でも鹿児島県にある「UMSオンコロジークリニック」(以下、UMS)でしか行われていない。UMSは女優の樹木希林(73才)が治療に通っていたことでも知られる。

 そもそも四次元ピンポイント照射療法とは、どんな治療法なのか。医療ジャーナリストの田辺功さんが説明する。

「X線による『放射線治療』の一種です。放射線治療は、放射線によってがん細胞を焼く治療法ですが、正常な臓器の一部にがん細胞がある場合、確実に治そうと思って大きく焼けば正常な細胞も死滅させてしまう。そのため副作用が起こり、体への負担も大きくなります。

 ですから、どうやってがん組織だけに放射線を集めるかが、放射線治療の長年の課題でした。最先端の放射線療法は、病巣に対して四方八方から放射線を立体的に当てる『三次元照射』で、がん組織だけに放射線を照射しやすくなった。さらに呼吸によるがんの位置変化を追跡するという時間軸を加えたのが、四次元ピンポイント照射療法なのです」

 体内の臓器は呼吸によって微妙に動いている。ピンポイントでがん細胞に放射線を照射しようとしても、この微妙なズレによってどうしても誤差が生じてしまう。その問題点を解決したのが、四次元ピンポイント照射療法というわけだ。

「呼吸によるズレに合わせて、角度を少しずつ変えてX線を当てていくので、より正確にがん組織だけを狙いうちできる。他の正常な組織を傷つけることが少ないので、患者の体への負担が軽くすみます。樹木さんが治療後すぐに仕事に復帰できたのもそのおかげでしょう」(田辺さん)

 この治療法を構築したのは、三次元照射の第一人者であるUMSのセンター長・植松稔氏だ。植松氏はアメリカのハーバード大学で、脳転移したがんへの放射線のピンポイント照射法を学び、帰国後、講師として赴任した防衛医大で四次元照射ができる装置の前身となる機器を開発。1994年から肺がん、乳がんなどの放射線治療を始めた。

 しかし、医学界には植松氏の理論を理解し、支持してくれる人がほとんどいなかったため、植松氏は医療機器メーカーや数名の専門医らとともに機器を独自開発していったという。

「UMSにある放射線治療装置『スーパー・フォーカル・ユニット』は、植松さんらのグループが放射線治療装置とX線、CTスキャンなどを組み合わせて作ったもので、日本に1台しかありません。『サイバーナイフ』という同じような四次元装置もありますが、コンパクトなため線量に限界があり、大きさが4~5cm以上のがん細胞には難しい。その点、UMSの装置は強い照射も可能なので、大きながん細胞でも治療が可能。そんな優れた装置がなぜ日本に1台しかないかといえば、値段が高くなるのでメーカーが作らないからです」(田辺さん)

 それゆえ、四次元ピンポイント照射療法を希望する患者は、鹿児島に出向くしかない。実際に治療を受けた経験のある40代男性が言う。

「大腸がんが見つかり、すでに他部位に転移していることがわかりました。医師からは“ステージIV。5年生存率は15%くらい”と告げられ、抗がん剤治療を続けながら最終的には手術で切除するという治療方針を示されましたが、知人の紹介でUMSを頼りました。

 まずペットCTで検査を受け、がん細胞が発見された箇所数によって滞在日数が決まります。私の場合、当初の大腸のほか、肺にもがんが見つかりました。治療はだいたい1か所につき1週間弱ほどでした。

 痛みはまったくありません。麻酔も打ちません。可動式ベッドに横になると、技師が腰にベルトを締めて固定。ベッドごと治療装置の下に持っていかれ、X線を照射される。照射時間は十数秒程度。トータルで5分くらいでしょうか。治療を受けた後も体調は変わらないですし、運動もできます。肺をやった時には少し筋肉痛のような感覚になりましたが、それほどの苦痛ではありませんでした。費用は150万円ほどで、プラス鹿児島での滞在費がかかりました」

 体からはがんはもうなくなっているという。

 UMSは完全予約制で、土日祝日関係なく、治療は毎日行われる。治療期間は1週間から3か月で、1回の治療時間は短くて5分、長くて小一時間ほど。UMSには入院施設がないので、患者たちは提携している病院かウィークリーマンション、ビジネスホテルなどに滞在して治療に通っているという。

 UMSのHPには治療費についてこう書かれている。

《通常150万円から250万円ほどの自由診療》

 四次元ピンポイント照射療法は健康保険適用外の自由診療のため、費用はかさむ。ただし、治療費が年間で300万円を超えると低額になり、500万円を超えるとそれ以降は無料になるという。

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
乳がん患った樹木希林 「がんで死亡が一番いい。用意できる」
「全身がんだらけ」の樹木希林 それでもなぜ元気なのか
がん細胞だけピンポイントで狙う体幹部定位放射線治療の成果

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP