ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

官邸深奥発「憲法改正」肉声ドキュメント(4/4)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 参院選を有利に進める中、安倍晋三・首相は悲願の憲法改正について語ることが少なくなった。いったい、何があったというのか。官邸の内幕を描いた『総理』がベストセラーになったジャーナリスト、山口敬之氏が、官邸内での憲法改正への蠢動を掴んだ。(全4回のうち最終回)

 * * *
 政治家・安倍晋三にとって憲法改正は単なる目標ではなく、DNAに刷り込まれた悲願である。
 
 1953年、麻生の祖父で時の宰相・吉田茂の要請を受け自民党の前身である自由党の初代憲法調査会長に就任したのが安倍の祖父、岸信介だ。この時のことを岸は後年、次のように振り返っている。

「(私は)新憲法はいかんと考え、改憲論者になっているけれど、その私に憲法調査会長をやれというのはどういう意味かと問うた。すると吉田さんは、お前の思うようにやったらいい。俺も今の憲法は気に食わないけれど、あれを飲むよりほかなかったのだから、君はそれを研究して改正しなきゃいかんと言う。それで私は会長を引き受けた」(『岸信介の回想』岸信介・矢次一夫・伊藤隆共著、文藝春秋)

 今の日本国憲法を制定した麻生の祖父が、改正を前提に安倍の祖父に憲法調査会長に据えたのである。

 そして岸は、1957年総理大臣に就任すると、今度は内閣に憲法調査会を設置した。その後岸は一貫して憲法改正の必要性を胸に秘めて政治活動を続けた。安保改定と引き換えに総理を辞した後も、憲法改正のためなら政界復帰してもいいとまで考えていたという。

 岸が自由党の憲法調査会長となった40年後、安倍は初当選した。翌年の1994年に自民党は党綱領や理念を見直す「党基本問題調査会」を設置した。2か月の議論を経て「自由民主党新宣言」の草案がまとめられたが、それまで自民党の党是とされてきた「自主憲法制定」が削除されていた。

 猛烈に反発したのが安倍を中心とする若手保守系議員だった。安倍らの運動の結果新宣言には「二十一世紀に向けた新しい時代にふさわしい憲法のあり方について、国民と共に議論を進めてまいります」という文言が追加された。

 爾来、安倍は憲法改正の必要性を、あらゆる立場で常に声高に訴えてきた。逆に言えば、安倍がここまで徹底的に憲法改正論議を封印したのは、今回の参院選が初めてと言ってもいいのである。

 2/3という遠かったはずの目標が目の前まで来た安倍にとって、憲法改正はもはや、リベラル護憲派との戦いではなくなりつつある。いわゆる「改憲勢力」内部の不統一にこそ、最も深刻なリスクが内在している。さらに、衆参両院で憲法改正の発議を勝ち得た先には、国民投票という最後の難関が控えている。

 安倍は消費税先送りと衆議院解散の是非を巡って麻生太郎・副総理兼財務相と対峙した5月30日、こう漏らしたという。

「憲法改正はもちろん悲願だが、どう実現できるか、心が揺れないと言ったら嘘になる」

 もし安倍が憲法改正に向けて逡巡したり、決断を先送りしたりすれば、今度は「非リベラル層」の中の「保守層」が黙っていない。安倍を強く支持してきたコア層の失望は、政権の求心力を大きく毀損するだろう。安倍は自著『新しい国へ』の中でこう述べている。

「初当選して以来、わたしはつねに『闘う政治家』でありたいと願っている」

 憲法改正という究極の目標に向けて安倍はどう闘うのか、あるいは闘うのをやめてしまうのか。総裁任期終了まで2年余り、残された時間はどんどん少なくなっている。
 (文中敬称略。了)

【プロフィール】やまぐち・のりゆき/1966年生まれ。フリージャーナリスト・アメリカシンクタンク客員研究員。慶應義塾大学卒業後、TBS入社。以来25年間報道局に。2000年から政治部。2013年からワシントン支局長。2016年5月TBSを退職。著書に『総理』(幻冬舎刊)。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
官邸深奥発「憲法改正」肉声ドキュメント(1/4)
官邸深奥発「憲法改正」肉声ドキュメント(2/4)
官邸深奥発「憲法改正」肉声ドキュメント(3/4)

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。