ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

故・永六輔さん 60年来の仕事仲間と泣き合った最期の日々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 病床で横になったまま、アイスキャンディーをなめて、あたりめをしゃぶって、家族で大笑いしていた。翌日も暑い日だった。東京は酷暑の37℃。その日、「お先に失礼!」というように、永六輔さんが息を引き取った。享年83。七夕の日だった。

 優しく巧みに言葉を操る才能。昭和芸能界の生き字引ともいわれる幅広い人脈。永さんは今日の娯楽メディアの基礎を作りあげた人物だった。

 1933年に東京・浅草に生まれた永さんは、中学校時代からラジオへの投稿を始め、早稲田大学在学中の19才のときにラジオの放送作家としての活動をスタートさせた。

「1953年にテレビ放送が始まってからはバラエティー番組の台本を多く担当しました。現在のテレビバラエティーの原型は、永さんが生み出したんです。その一方で、おもしろいと思った人は積極的に起用して、スターも数多く見出しました。タモリさん(70才)やデビュー前の近藤真彦さん(51才)は、永さん自身も出演した『ばらえてい テレビファソラシド』(NHK)に呼ばれ人気に火がつきました」(ベテラン放送作家)

 作詞家としても活躍し、『黒い花びら』で1959年の第1回日本レコード大賞を受賞。その後も『上を向いて歩こう』や『帰ろかな』、『こんにちは赤ちゃん』など、ヒット曲を次々世に送り出した。

 人柄に惹かれ、永さんの周りには多くのラジオ人、テレビ人、文化人が集まってきた。『週刊ポスト』(2013年10月25日号)のインタビューにこう語っている。

「番組中に喧嘩してやめるでしょ? そうすると、すぐ別の仕事を回してくれる連中がいるんですよ。小沢昭一、野坂昭如、五木寛之とか、中村八大、大橋巨泉、寺山修司にしても、早稲田時代から付き合いのある仲間がね」

 60年来の友人で、テレビ草創期から永さんとともに第一線で活躍してきた黒柳徹子(82才)は、永さんの訃報にこうコメントを寄せた。

《奥さんの昌子さんが亡くなって14年半、よく一人で頑張りました(中略)私と結婚の話も出ましたが、主に、永さんからですが、お互い昌子さんのようにはいかないと、分かっていました》

 2010年、永さんはパーキンソン病と前立腺がんを患っていることを公表。それでも、治療とリハビリのかたわら、仕事は継続してきた。

 今年2月、永さんの最後のテレビ出演となったのは、親友・大橋巨泉(82才)とともに訪れた『徹子の部屋』(テレビ朝日系)だった。大橋も過去4度のがん手術などで、体重は30kgも減っていた。永さんは車椅子で膝の上にはブランケット、口は大きく開いたまま。そんな3人の共演は大きな感動を与えた。

 永さんの実家は浄土真宗の最尊寺。生花店に花があるように、鮮魚店に魚がいるように、幼い頃から永さんの日常には「人の死」があったと、常々語ってきた。

「『生老病死』ってよく聞くでしょう。この4つの字の中に人生が全部入ってるんです。つまり、生きること、老いること、病と死。こんな見事なお経はないと思うんですよ(中略)いずれ年老いる、老いれば、いやだといっても病気になり、病気になれば死を待つ」(女性セブン2013年1月1日号インタビュー)

 病気から逃げなかった。パーキンソン病には、歩行時に前傾してしまうという特徴がある。若い介護士に「『上を向いて歩こう』という歌があるのをご存じですか?」と聞かれた時、「知らない」と笑い飛ばし、介護士と一緒に歌いながらリハビリをしたこともあったという。

『話の特集』の元編集長で、60年にわたって永さんと仕事をともにしてきたフリージャーナリストの矢崎泰久さん(83才)は、永さんとの最期の日々をこう明かした。

「永さんは6年くらい入退院を繰り返していましたが、ここ数か月は本当に具合が悪かった。4月にお見舞いに行ったときには、点滴や管がたくさんつながった腕を上げて挨拶してくれてね。手を握ったら涙がこみ上げてきて、2人しておいおいと泣き合いました。永さんとの60年の日々が甦り、2人の中で何かが繋がった、と思える時間でした。訃報を聞いてすぐ、ご自宅に行くと、永さんは本当に安らかな顔でベッドに横たわっていました。すぐそばに腰掛けて“ありがとう”と言葉をかけました」

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
酒井法子 「恩人」の死で芸能活動復帰計画白紙の可能性も
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書
森永卓郎氏「残業代ゼロ法案は上司次第で時間や給料変わる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。