ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

崩れるたびに、またイチから土台を作り、バランスよく積み上げていく──。

「積み木」とは、そうやって集中力や空間認識力を養うものだと思っていました。でもこの動画を見ると、自分の中にあったそんな概念すらも、ガタガタと音をたてて崩れたのです。

こんな積み木、見たことない。

「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

磁石を利用したブロックである以上、そこには本来の「うまくバランスをとる」なんて要素はほとんどナシ。じゃあ一体、どう遊ぶ?
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

ポイントとなるのは、色のついた小さな「丸」と、
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

iPad。
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

立てて設置し、インカメラを使用します。
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

先ほどの丸を台に置くと、
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

iPadに映し出された映像では、穴から「こびと」が出現。よっこらしょっと。
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

積み木の上で踊るこびと。どこに何を置くかで、アニメーションが変化するのだそう。
「こびと」で楽しむ、ARを使ったスマート積み木。もう、バランスなんて関係ない

このスマートすぎる積み木「KOSKI」は、プラハのアカデミーでアートや建築、デザインを学んだ二人の男性から成るStudio deFORMが開発したもの。動画の製品はあくまでも試作品で、商品化まではまだまだ時間がかかるとのこと。

正直、本来養われるはずのものは期待できないかもしれません。が、それを補って余りある「楽しみ」を提供してくれるのは間違いなさそうです。

Licensed material used with permission by deFORM

関連記事リンク(外部サイト)

縦列駐車や車庫入れが驚くほどラクになる!360度「どんな方向」にも走れるタイヤがすごい
5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)
どこでも演奏可能!ダンボール製モバイルドラムキットが登場。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。