ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歌詞が見えるスピーカー!? 世界に先駆け「Lyric Speaker」三越伊勢丹で販売中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

三越伊勢丹にて、音楽と同期して歌詞が表示されるスピーカー「Lyric Speaker(リリック・スピーカー)」が世界に先駆けて発売されています。

6月のプレオーダー受付後、9月以降に随時配送予定で、販売店舗は東京・新宿の伊勢丹新宿本店、日本橋の三越日本橋本店、銀座の三越銀座店、および三越伊勢丹のオンラインショップです。

株式会社SIXが開発した「Lyric Speaker」は、再生した歌詞が自動でモーショングラフィック化される次世代型スピーカー。モバイル端末から専用のアプリを使って選曲すると、歌詞をデータベースから取得し、歌詞がスピーカーに内蔵された透過型スクリーンに浮かび上がる仕組みです。

楽曲の雰囲気や構成を分析し歌詞の内容に合ったフォントで表示されるため、楽曲に込められたストーリーを耳だけでなく目でも味わうことができます。

近年ではデジタル配信が普及し、音楽を手軽に楽しめるようになった一方、歌詞の意味をじっくりと考える機会が少なくりました。言葉というアナログの価値が最先端のテクノロジーによって浮かび上がるスピーカーで、インテリアとして音楽を楽しんでみてはいかがでしょうか。

優しい曲であれば優しいフォントや動きに、エネルギッシュな曲であれば力強いモーショングラフィックで歌詞をビジュアライズされます。

スマホ内の音楽を専用アプリで呼び出して再生すると、日本音楽著作権協会(JASRAC)の許諾済みの歌詞が音楽の再生と同期してスピーカーと一体となった透過型ディスプレイに表示されます。

インテリア性にも優れたスタイリッシュなデザイン。言葉が生き生きと映し出されることで、アーティストの想いがより深く伝わり、音楽の大切な要素である歌詞を目と耳で味わえます。

Lyric Speaker(リリック・スピーカー)

価格:32万4000円(税込)

詳細:http://lyric-speaker.com/

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

アルテックのドムス チェア70周年!ミナ ペルホネン・皆川 明氏がデザインしたポスタープレゼント
トラフ建築設計事務所と籐工芸がコラボ、2年を掛けて開発したミラー「wawa」
ヴィンテージ市場で人気のスティグ・リンドベリ「ベルサ柄」がついに復刻!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP