ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トリートメント→コンディショナーが正解。知らなかった正しい使い方

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

普段当たり前に使っているコンディショナーとトリートメント。

でも、意外と間違った使い方をしている人が多いんです。

コンディショナーとトリートメントの違いは?

そもそもコンディショナーとトリートメントの違いは、メーカーによって定義の違いはあるものの、基本的には

・コンディショナー…髪の表面に保護幕をつくり摩擦やパサつきを防ぐもの

・トリートメント…髪の内部に浸透して、内側から髪を健康な状態に整えてくれるもの

となっています。

正しい順序はトリートメント→コンディショナー

意外と間違いやすいコンディショナーとトリートメントの使う順序。正しいのは、「トリートメント→コンディショナー」です。

「コンディショナー=髪の表面を補修するもの」「トリートメント=髪の内側に浸透するもの」なので、間違えて先にコンディショナーを使ってしまうと、トリートメントの成分が浸透しなくなってしまいます

コンディショナーはつけ置きの必要はなし

トリートメントは、成分をしっかり浸透させないと意味がないので、ある程度のつけ置きが必要。逆にコンディショナーは髪の表面に留まるので、つけ置きしてもそれほど効果はありません

思わず「へえ~」と納得してしまうコンディショナーとトリートメントの使い方。正しく使えば、サラサラの髪が手に入るかも。

※この記事は2013年7月に掲載したものを再編集しています。

文/イトウウミ

■ あわせて読みたい

薄い色の服ってダメなの? じつは日焼けをしやすいNG習慣
セーラームーンコスメで、この夏ミラクルロマンス起こせそう
美容液のつけかたが肝心。夏の化粧崩れを防ぐメイクテク
いますぐ毛穴、閉鎖したい #毛穴ケアまとめ
うぐぐ…。見られても余裕なひじ・ひざになりたい #角質ケア
大きい人はボリューム。小さい人は長く。目とまつ毛の関係 #オネエ調べ
ツヤ出しメイク。この夏はオイル入りコスメが充実

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。