ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本工学院専門学校主催『Summer tunes 2016』にCharisma.com、モノブライト、三戸なつめが出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3本開催された日本工学院主催サマーライブ『Summer tunes 2016』の最終日となる7月9日、モノブライト、三戸なつめ、Charisma.comが赤坂BLITZのステージに立った。

トップバッターを努めたのはモノブライト。暗転したステージに一筋の光が射した瞬間、観客の視線はその光に吸収され、幕開けにふさわしい「HELLO」が始まった。今回、演出の一つとして、今話題のPIKABON(色を一斉コントロールできる腕時計型のサイリウム)が導入され、その効果は同曲の中盤で早々に発揮。手拍子を煽ると目の前に色とりどりの光の海が広がった。曲間に生まれる一瞬の静寂で衝撃を与えた「アナタMAGIC」では、パワー溢れるパフォーマンスで観客のボルテージを上昇させた。

続いて登場したのは三戸なつめ。1曲目の「コロニー」では楽曲の世界観とキラキラした声が星のように煌めき、まるで宇宙のようなポップな空間を作り上げた。中盤に披露された「おでかけサマー」では、彼女自ら振り付けをレクチャー。可愛らしい振り付けのポイントでは、無邪気に会場中の笑顔を誘った。最後に披露されたのは彼女の代表曲「前髪を切りすぎた」。シャボン玉の演出があり、観客は目を輝かせて手を伸ばしていた。

ラストを飾ったのはCharisma.com。日本工学院専門学校蒲田キャンパスの公式キャラクター”かまトゥ”を片手に現れたMCのいつか。そして、ゴンチ(DJ)が太い4つ打ちのリズムを響かせ、会場をダンスフロアへと変貌させた。なかでも楽曲「自撮ーる」では、ライブのタブーとも言われる撮影(自撮り)を解禁。ゴンチ(DJ)も自撮り棒を携え、観客、学生スタッフまで、片っ端から自撮り倒していた。最後に「サプリミナルダイエット」では、急遽ステージ袖にいた学生スタッフを舞台上へ連れ出し、見事なコラボを実現させた。

通常のライブイベントではなかなか見ることのできない創作者同士の本気の出し合いを目撃し、胸を熱くせずにはいられなかった。

Text by 小山 太一

Photo by 守屋 帝我


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP