ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミュージシャンが、スマホでライブを開催できるアプリが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば、今までとは違った形で音楽を楽しめるようになります。

ミュージシャンの
ライブ配信に特化!

【差別化ポイント2つ】

①「ミュージシャン」のライブ配信に特化
②課金が可能

従来のライブ配信サービスでは、動画のジャンルは問われておらず、ある種の雑多感が魅力になっていました。が、逆にいうと、「何が楽しめるか」が不明瞭な印象に。

しかし、このアプリは「ミュージシャン」の映像配信に特化したもの。場所や時間の制約を受けずにライブが開催できるだけでなく、スマホ内には、音楽好きによる、音楽好きのための濃密な空間ができあがるというわけ。

世界中から
「推しメン」を探せる!?

さらに、課金システムも画期的です。

音楽を聴く側にとっては、まだ誰も知らない“金の卵”を見つけて、まるで親にでもなったかのようにキャリアを支援できるところが魅力の一つ。ある種、AKB48の「推しメン」の概念に近いかもしれません。しかも、舞台はグローバル!(もちろんアイドルとアーティストは違いますが)

一方、音楽で食べていこうと本気で考えているミュージシャンにとっては、チャンスでしかありません。このアプリのユーザーは、いわゆる「イイ音楽」を求めている人のみ。この場を使ってどんどんアピールできるため、才能と運があれば、絵に描いたようなサクセスストーリーの可能性も十分?

【まとめ】

「Fanify」の楽しみ方

①発見する
→世界中から新しいアーティストを見つける
②つながる
→いつでも、どこでも彼らのパフォーマンスをチェック
③支援する
→必要に応じて課金し、キャリアをサポート

Licensed material used with permission by Fanify,(App Store)

関連記事リンク(外部サイト)

リリースから5日でユーザー数65万人!世界中で話題のフィルターアプリ「Prisma」
現実世界と連動する『Pokémon GO』が、全米を席巻中!(動画あり)
講義中に着信アリ!女子大生にスピーカーで話すよう罰ゲームを促した教授が謝罪へ(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP