ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“世界をポジティブな方向へ”、クイーン・ラティファが人種問題に触れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヒップホップ・シーンに貢献した人物を表彰する米ケーブル・テレビ・ネットワークVH1による恒例イベント【2016 VH1 Hip Hop Honors】にて、ニュージャージー州出身のラッパー、クイーン・ラティファが印象的なスピーチを行った。

 ラティファは「世界が、私たちの世界が今、ひどく緊迫していることをみんな知っていると思います。何とかしてこういった感情を全て、ポジティブな方向に向かわせられるよう願っています」と話し始めた。

 続けて、「自分がどれだけお金や物を持っていようが、パフ(・ダディ)やミッシー(・エリオット)がどれだけ持っていようが関係ありません。外に出かけてタクシーを捕まえようとした際、タクシーが私の前を素通りして、すぐそばに立っている白人女性の所に行くような、そんな人種差別がいまだに健在しています。変えなくては。でも、私はその白人女性を責めたりはしません。彼女もタクシーが必要だったのです。こういった考え方を改める必要がある、ただそう言いたいだけなのです」と加えた。

関連記事リンク(外部サイト)

アジーリア・バンクスがトランプ支持を表明、“人種差別”を擁護
シェール、“人種差別と不当解雇”でバックダンサー達に訴えられる
アッシャー、人種差別ジョークで渦中のジャスティン・ビーバーを擁護

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。