体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットオフの楽器買取、上手く利用する方法まとめ

ネットオフで楽器を売るメリット

null出典:ネットオフ

ネットオフを利用する必要性?

「中古書籍を最も多くオンライン販売した」とギネス認定されている「ネットオフ」は、本やDVDの買取・販売以外にも、ブランド品や小型家電、そして楽器などの買取もおこなっています。

本やDVDなどの買取については「ポストにポン買取」の仕組みをつくるなど、見るべき点が多いネットオフですが、残念ながらギターなど楽器の買取については、特別な仕組みやノウハウもないために、少々残念なことになっています。

事前査定がないという問題点

ネットオフの中古楽器の買取の一番の問題は事前査定のシステムがない点にあります。現物を送って査定をしてもらうまで、自分の楽器の買取価格がわからないのは、非常に問題。なぜなら、買取相場の当たりを付けたり、複数のショップを比較する材料にならないから。

ネットオフがやろうとしているのは、販売~買取すべて自社内で囲い込むサイクルを根付かせることと思われますが、それを楽器でやろうとしてもムリがあるのではないでしょうか?だって、中古のマンガならば少々買取が安くても数100円単位の差ですが、楽器となると数1,000~万円の差が出ます。それだけ、事前査定が重要にいなってくると思うのですが、いかがでしょうか?

どんな人におすすめか

null出典:イシバシ楽器

安心感を重視する人

楽器はともかく中古書籍の買取、販売では大手のネットオフです。売上高が30億円に迫ろうとしているリサイクルショップは、そう多くありません。

ですから下手な商品の扱いや査定はしないであろうという、安心感はあります。ギターを送ったまではよかったが、その後連絡が全く来ない……という、最悪の事態は避けられそうです。

思い入れのない楽器を買ってほしい人

とにかく手元に良くわからない楽器があるけれど、手早く処分したいという人にとっては、使い勝手がいいのがネットオフです。

HPのフォームから宅配セットを依頼すれば、無料で送付してもらえますし、後は梱包して集荷を依頼するだけ。手軽さを考えるとネットオフを利用するメリットはあります。

楽器をやめようと思う人

ネットオフの楽器買取の特色として、複数のものを査定してもらい、納得がいったものだけを買取してもらうというものがあります。ギターならエフェクターやアンプ、一式を送付して……といった利用が可能。一気に処分したいと思っている人には使い勝手は良いでしょう。

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会