ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国分佐智子妊娠、義母・香葉子さんは「赤ちゃんまだ?」を反省

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月8日に放送された『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)に自宅ロケの形で出演した二代目・林家三平(45才)と妻の国分佐智子(39才)。番組内で国分は、「三平さんがお父さんになります」と切り出し、現在妊娠5か月であることを告白した。“おめでた”を知った日のことを、三平の母である海老名香葉子さん(82才)が振り返る。

「報告があったのは、5月のある朝。私、その日は体調が悪くて寝てたんです。そしたら息子(三平)が部屋に来てね。“お袋に報告があります”なんてかしこまって言うの。なあに? って聞いたら、“実はぼく、お父さんになります!”って。もう私、叫びながら飛び起きちゃいました(笑い)」

 番組では、子供が男の子だったら「跡取りにする」と断言した香葉子さんだが、性別は気にしていないという。

「来週か再来週にはわかるんですけどね。どちらでも、元気な子ならいいんです。なにしろ本当に長かったんだから。5年越しですよ。結果的にもし男の子なら、そりゃ跡取りにしますけどね。うっふっふ」(香葉子さん)

 三平と国分が入籍したのは、2011年3月22日。出会って2か月のスピード婚だった。当時、人気女優の地位を確立していた国分が海老名家に入るとあって、芸能メディアは沸いた。

「私もね、昔ながらの人間だから、結婚して1年もすれば赤ちゃんはできるだろうと思っていたんです。さっちゃん自身も子供が大好きで、お手伝いさんの子供は来ればいつも抱っこしてあげてるくらいだし、本人も(妊娠を)望んでいるはずだって。でも実際はなかなかできなくてね…。

 確かに、さっちゃんには言っていました。“赤ちゃんはまだ?”って。彼女は“まだなんです”って答えていたけど、その後も何度か聞いたら、ある時さっちゃんがすごく寂しそうな顔をしたの…。そのとき、あぁ、これは言っちゃダメな言葉だったんだとわかったんです」(香葉子さん)

 早く孫が見たいという気持ちが募るあまり、香葉子さんには国分の心を慮る余裕がなくなっていた。

「今思うと、悪いこと言ってしまったんです。気づいてからは、そういうことを言うのはやめました。でも、私はおっちょこちょいだから、“まだなの?”ってふと聞いちゃったりね。それでまた反省して。途中からは、子供は授かりものだって考えられるようになりました。もちろん、できるんだったら5人でも10人でも産んでくれていいし、できなければ仕方ない。さっちゃんのおかげで、私も学びました」(香葉子さん)

 子づくりの重圧から解き放たれた国分が妊娠したことで、香葉子さんは改めて、自らの古い価値観が嫁を苦しめていたことを知ったのだという。

「今は身重のさっちゃんを家族みんなで支え合っています。三平もゴミ出しや買い物を手伝ってあげている。仲のいい夫婦です。孫には三平が生まれた時の出産祝いの着物を着せてあげたいと思って、用意しているところです」(香葉子さん)

※女性セブン2016年7月28日号

【関連記事】
三平母・香葉子氏 嫁・国分佐智子に「特別扱いしませんよ」
三平と婚約の国分佐智子 小姑となる泰葉とまだ会っていない
国分佐智子と婚約した林家三平 マザコンすぎてモテなかった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP