ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白鵬告白「稀勢の里は横綱になるには早かったということ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月10日に初日を迎えた大相撲名古屋場所。史上3人目となる1000勝(魁皇・1047勝、千代の富士・1045勝)に挑む横綱・白鵬は昨今、横綱らしからぬ言動を指摘され、バッシングされている。これまで批判に対して彼は多くを語らず、貝になった。真意を聞くべく、ノンフィクションライターの武田葉月氏が直前合宿に密着取材した。「沈黙の横綱」の衝撃の独白である──。

 * * *
 昨年から続くあらゆるバッシングで、人を信じられない気持ちになったことは事実です。

〈2015年初場所で33回目の優勝を飾り、大鵬を抜いた白鵬だが、優勝から一夜明けて行なわれた会見がトラブルの発端となった。

 13日目の稀勢の里戦での「同体、取り直し」を振り返り、「子供が見てもわかる相撲。もう少し、緊張感を持ってやってほしい」と発言したことが、「審判部批判」と取られた。

 以来、白鵬は「貝」になり、自ら言葉を発することが激減した。また、勝負が決まった後のダメ押しのような動作や、下位力士に対しての猫だまし、さらには懸賞金の受け取り方に至るまで、白鵬の一挙手一投足が批判の対象になった〉

(稀勢の里戦の)相撲を何度も見直しましたが、「なんか違うんじゃないか?」という思いは変わりませんでした。あの場で、稀勢の里関と私のどの部分が同体だったのかという説明があれば、私たちも、お客さんにもわかりやすかったと思うんです。

 単純にそれだけの疑問だったのに、あの言葉が悪目立ちしてしまい、人々から反感を買ってしまったのは反省すべき点です。

「人は1000回良いことをしても、たった1回の失敗で別の見方をされてしまうことがある」と聞いたことがありますが、まさにそんな災難が私に降り掛かったと思いました。

 もう私のことなんて誰も応援してくれないのではないか? そんな思いすら持っていましたが、この合宿では多くのお客さんが集まってくれ、私に声援を送ってくれた。

 なかには「名古屋場所も稀勢の里に勝ってください!」なんて具体的な声をかけてくださる方もいた。「あぁ、まだ私のことを応援してくださっている人もいるもんだなぁ」って感激しました。

 先場所の稀勢の里戦での雰囲気は、まるでアウェーのようでしたからね。

〈夏場所13日目は稀勢の里と全勝同士での対決となった。2010年の九州場所で、白鵬の連勝記録を63でストップさせた稀勢の里は、以来、ここぞという場面で白鵬に土を付けてきた「白鵬キラー」でもある。さらに、この場所、稀勢の里は若乃花(三代目)以来の「日本人横綱」誕生が懸かっていたため、13日目の両者の取組は、優勝決定戦を彷彿させる盛り上がりを見せた〉

 館内全体が彼に勝たせたい雰囲気になっていましたよね? みんなが日本人力士の横綱昇進を期待していた。だけど、彼は負けた。それが彼の運命だと思うし、宿命でもある。勝てなかったことはすなわち、「横綱になるには、まだ早かった」ということなんです。

 私は地方場所や巡業で日本全国を回る時、「日本人横綱はいつ誕生しますか?」とよく聞かれます。これが難しい質問なんです。

 優勝だけなら、平幕力士でも達成できる。でも、「横綱に昇進する」というのは、別次元の話なんです。私の持論ですが、昇進には「運」が必要です。その運はラッキーではなく自ら掴み取ったもの。努力した人にしか運は来ない。

 たくさんの努力をした人に運は与えられるのです。それが与えられた時、稀勢の里関は横綱になれるのでしょう。

●撮影/ヤナガワゴーッ!

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
稀勢の里 綱取りは2015年の前半が最後のチャンスにと評論家
稀勢の里 ウォーミングアップしてるから八百長力士でない説
白鵬が相撲協会の人種差別匂わせる発言 単なる舌禍で済まず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP