ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

観光名所「青い池」はキレイだけども! らーめん八海が青いカレーを作ってしまった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

北海道・美瑛町は観光のトップシーズンを迎えます。

目に映る風景、どこを切り取っても「絵葉書」になるような美しいマチ、美瑛。

丘陵地帯に広がる畑や美しい空に惚れて移住してくる方もたくさんいます。

そんな美瑛で今、注目のスポットと言えば「青い池」です。

某スマホの壁紙に使われたことで一躍有名になり、

連日多くの観光バスが池を訪れています。

青い池ですから。

サイダーとか、ゼリーとか、爽やかな商品を開発するならわかるのですが、

なんとまあ、

「らーめん 八海」が 青いカレーを作ってしまったのです!

今回は最高に美しいマチで、最高に青い料理を食べてきました。

丘のマチと呼ばれる美瑛町が舞台!

「観光」の目的、それはグルメだと声を大にして言いきれる、

メシ通レポーターの裸電球です。

今回は観光シーズンを迎えた美瑛町にお邪魔しました。

皆さんは美瑛、訪れたことありますか?

このマチ、めちゃくちゃキレイなんですよ!

どこを見ても、これぞ北海道という景色が広がります。

写真は「ケンとメリーの木」です。

大きなポプラは自動車のCMに使われたんですよ!

このようなスポットがあちこちに点在しています。

それでは、この流れで。

今話題のスポットも行っちゃいましょうか。

この日はちょっと雲が厚くて心配ではあるのですが。

ビューティフルな景色を期待して向かいます。

話題のスポット「青い池」

良かった!

最高のロケーションとまではいきませんが、青い色は確認できますよね?

水は透明ですが、光の反射で青く見えるんですよ。

池の中央には立ち枯れた白樺の木。

これも不思議な情景を演出しています。

もう少し晴れた日はもっと青いのですが、合格点だと思います!

このあたりは本当に青いですね。

アルミニウムを含んだ水と美瑛川の水が混ざることで、

コロイドという粒子が生成されるそうです。

なので、光が差すと透明な水が青く見えるという訳なのですが、

なんてったって「文系」ですから。

単純に、目の前に青い景色が広がっているだけでテンションが上がるという。

大変わかりやすい性格です。

美瑛駅前にやってきました

さて、町内の自然散策をしているうちに。

お昼時ではありませんか!

あちこち動いて、お腹はペコペコです。

駅前には飲食店も多いですね。

どこにしようかな。

キラリと飛び込んできた「らーめん 八海」と書かれた暖簾。

そうしましょう、そうしましょう!

ラーメン食べたい気分でした。

お邪魔しまーす。

店内は観光客や地元の家族連れなど、たくさんの方で賑わっています。

これは「当たり」の店を選んだのではないでしょうか。

スタッフも元気が良くて気持ちのいい接客です。

注文したのは「塩とんこつラーメン (710円)」です。

見るからに美味しそうなラーメンではありませんか!

丁寧に下処理したとんこつからとったスープがたまりません。

細麺にスープが絡んで大変美味しいです!

Aランクの背脂から自家製で作るラードも味の秘訣と教えていただきました!

観光にグルメにと、美瑛大満喫ですね。

ごちそうさまでした……と思いきや。

ん?

あそこの壁に貼ってあるポスター。

あっ……「青い池カレー」と書いてあります。

さっきまで「うは~、きれい!」と眺めていた景色。

まさか、カレーになっているとは!

え~、どうしましょう。

朝から何も食べてなかったので。

悲しいかな、まだ食べられそうなんです!

勢いで頼んでしまいました、「青い池カレー (850円)」です。

あはは…。

青いです!

さっき池でも同じテンションで、

「青っ! 本当に青いわ、青っ!」って大騒ぎしていたのに。

まさか1時間以内にカレーを見て、同じリアクションをすることになるとは。

えーっとですね。

なんといいますか、はい。

言葉選びに困っている私に、お店のご主人が一言。

「大丈夫、思ったとおりのこと言っていいから!」

なんだか食欲がなくなってきました。

食べるの怖くてかないませんよ。

頭が混乱して、思考回路が変になります。

トマトの赤が、これまた……青を引き立てること!

香りは、すごく美味しそうです。

でも、この色!

ほんと、さっきの青い池と同じカラーですよ。

ああ。

やだ!!!!

うまいこと理由を見つけて、そっと目を閉じます。

パクリ。

ふふふ。

そうきた?

なんか悔しいな。

うまいんだ!

食材へのこだわりがすごい

美瑛をはじめ、このエリアは美味しい野菜の宝庫。

カレーに使う食材は最高に新鮮なものばかりです。

素揚げすることで、甘さもグンと引き立っています。

いや、正直、今日はダメかなと思ったんですが。

勇気を出して食べてみると、美味しいカレーです!

普通のカレーでは色がついてしまうため、ホワイトカレーを作るんですって。

しかも、そのホワイトカレーは。

ネパールの方に教えてもらったそうです!

どうりで本格的なわけですね、

クミンがしっかり効いてますもん。

ほんとに近い色合いですよね。

ご主人曰く、「この色出すのが大変だった」そうです。

食材だけではなく、こういうところにもしっかりとこだわりがあるんですね。

白樺の木は北海道産の野菜で再現。

青い池カレー、奇をてらったメニューかと思いつつ、

なんだかあちこちにビシッとやる気があって、楽しかったです。

ということで。

「らーめん 八海 びえいの丘」が提供する「青い池カレー」でした!

『メシ通』をご覧の皆さんは、青い池の観光とセットで行きましょう。

なんだか、昨日の自分よりも

ちょっとだけ強くなれた気がします。

ごちそうさまでした!

お店情報

らーめん 八海 びえいの丘

住所:北海道上川郡美瑛町本町1丁目5-26

電話番号:0166-92-0609

営業時間:11:00〜20:00

定休日:火曜日

書いた人:裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 ブログ:「裸電球ぶら下げて」

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

匂いはプンプンするのにここでは食べられない!? きのこをたっぷり使った本格カレー!
ギョギョ!麺が紅に染まっている!美唄市の名産品を贅沢に使った「ドラキュラパスタ」
これ……牛肉じゃないんですか!? 北海道で「エゾ鹿」を様々な料理で味わえるレストラン

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。