ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パスピエの新曲「ハイパーリアリスト」の制作秘話!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜の深夜2時からの番組「THE KINGS PLACE」。火曜担当のナビゲーターはパスピエ。7月12日のオンエアは大胡田(Vo)、成田(Key)、やお(Dr)の3人でお届けしました。

7月27日(水)リリースの両A面シングル「永すぎた春/ハイパーリアリスト」のうち「永すぎた春」はこの番組で何度か流れていましたが、「ハイパーリアリスト」はこの日に初オンエアされました!

実はこの曲、もともと「シングルで出しましょう」と決まっていたわけではなかったそうで、レコーディングをしている最中も、まだそう思っていなかったのだとか。しかし、できあがったものを聴いて考えが変わったのだそうです。

「『永すぎた春』との対極でこういう曲を見せられたら、よりおもしろいんじゃないかなということでね。今までやってきたパスピエなりの曲とは、また違う雰囲気の曲じゃないかなと思ってて」と成田。

そして、タイトルの「ハイパーリアリスト」という言葉…これは造語ではなく意味があると話す成田ですが、「でもね、もともとある言葉はハイパーリア“リズム”なんですよ。“ハイパーリアリスト”って言い方は、もしかしたらしないかもしんないんですけど」と大胡田。

その「ハイパーリアリズム」とは、超精巧で写真と見間違えるような絵を描く表現方法のことですが、作詞した大胡田に意図を聞いてみると「タイトルは後から付けたんですけど、歌詞に出てくる『描く』とかいう言葉から。現実だけど自分たちが歌ったりやったりしてる世界っていうのは、現実じゃなかったり作り話だったりするから、そういう所もタイトルで表せたらいいかなって思って」と作詞への思いを語りました。

成田は最後に、「あとね『永すぎた春』と両方ライブで聴くとおもしろい、違ったイメージが湧くんじゃないかなと思っていて。受け取り方次第でアッパーソングにもなれるし、切ない歌にも聞こえるしっていうので…何度も何度も聴き直してほしいなと思う曲ですね。感想は人それぞれだと思うので。どんなリアクションなのか僕らも楽しみですね」と、まとめていました。

7月27日に発売されるパスピエの新作。要チェックですよ♪

【関連サイト】
「THE KINGS PLACE」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP