ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

AIがスタイリングを提案する「SENSY」の姉妹アプリが登場!手持ちの服とお店の服が合わせられる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

sensycloset_1テッカブルでもインタビューとして取り上げ、反響を呼んだ人工知能によるスタイリング提案アプリSENSY。その姉妹版となるサービスが登場した。

名称は「SENSY CLOSET(センシークローゼット)」。SENSYの技術基盤を活用しながら、自分の洋服とお店の洋服を自由に組み合わせてコーディネートできる、新感覚のデジタルクローゼットサービスだ。

・アイテム保存からコーディネート提案まで多彩な機能を搭載

sensycloset_2機能は次の通り。まず、主役のデジタル・クローゼット。「SENSY CLOSET」対応のECサイトで購入したファッションアイテムを、自動連携保存。購入したファッションアイテムを、横断的に閲覧できる仕組み。

2つ目が、コーディネート・エディター。商品ページのアイテムを軸に、販売中のファッションアイテム同士か、対応ECサイトで購入済みのファッションを組み合わせたコーディネート作成が可能。お気に入りのコーディネートを保存してから、購入ページへ移動するのもOKだ。

最後はやはり、切り札とも言えるパーソナルAIからの提案。購入済みファッションアイテムや、保存したコーディネート情報をSENSYが学習し、個々に最適なコーディネートを提案してくれる。

・衝動買い防止にも一役

sensycloset_3システムとしては、以前紹介したPictofitに近い感じ。ユーザーの写真にコーディネートできるかできないかの違いだけで、機能はほぼ同等だろう。AIによるスタイリング提案がある分、「SENSY CLOSET」の方がより使い勝手がいいかもしれない。

ちょうど今は、夏のバーゲン真っ盛りの時期。手持ちの服の整理や衝動買い防止に、役立ててみてはいかがだろうか。

SENSY CLOSET

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。