ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハタプロ、スマートフォンで簡単に利用できる顕微鏡型キット「μHandy」をクラウドファンディングで販売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハタプロは 7 月 13 日、スマートフォンのカメラを手軽に顕微鏡として利用できるキット「μHandy」を、NTT ドコモとの共同プロジェクト「39Meister Crowd Funding」の第 1 弾として、クラウドファンディングサイト A-port で販売開始しました。39Meister Crowd Funding はハタプロと NTT ドコモが実践するベンチャー支援プロジェクトです。A-port は朝日新聞が運営するクラウドファンディングサイトとなります。μHandy は本体が片手で収まるサークル形状のデバイスで、専用のアタッチメントを介して μHandy をスマートフォンに装着し、専用のシールで採取したサンプルを μHandy を通してカメラで見るだけで、ディスプレイの顕微鏡映像が映し出されるというものです。基本的にはスマートフォンのカメラとカメラアプリを利用するので、静止画と動画の撮影ももちろん可能です。μHandy の価格は 9,800 円からで、先着 200 名は 8 月中に発送される予定となっています。それ以降は 9 月です。8 月中の発送に間に合えば子供の自由研究用としても利用できるかもしれません。Source : A-port

■関連記事
Xperia XA Ultra、14日に台湾で発売
リリス、スマートフォン・タブレット用の組み立て式天体望遠鏡新モデル「PalPANDA」を発売
Motorola、Moto G4 Plusの国内発売を発表、7月下旬に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP