ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポケモンGOがVRに対応の可能性 ライセンスが示唆か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Business Insiderは、アメリカを始め大ヒットとなっているスマホゲーム『Pokémon Go』(ポケモンGO)がVRに対応する可能性があると報じています。

対応可能性があるのはGoogleが提供しているスマホVRデバイスCardboard。iPhoneやAndroidのスマートフォンを装着するだけで簡単にVRが楽しめるものです。

VRへの対応の可能性は、アプリの「設定」から「ライセンス」の中に示唆されているとのこと。「ライセンス」には、ゲーム中に使われているソフトウェアの一覧が掲載されています。その最上部に「Google Cardboard」の記載があります。

現実にポケモンがいるかのようなARゲーム

『ポケモンGO』にはスマートフォンのカメラをかざすと、現実世界にポケモンがいるように見えるAR(Augmented Reality)機能が搭載されており、ティザー動画なども「現実空間にポケモンがいる」イメージを強調しています。

開発元であるNiatec社のCEO、ジョン・ハンケ氏は同作品が新型Google GlassやマイクロソフトのHoloLensのようなARデバイスへの将来的な対応も示唆しているところ。Niatec社が元々はGoogleの属するアルファベット社のグループとして始まりスピンオフしたことを考えると、Googleが普及を推進するCardboardへの対応は何ら不思議ではありません。

Cardboardによる『ポケモンGO』

Google Cardboardは、段ボール製の1,000円強から購入できる非常に手軽なスマホ用VRデバイスです。数十種類のデバイスが様々なメーカーから発売されており、より頑丈なプラスチック製のものもあります。

センサーを搭載しているスマートフォンであればどのようなモデルでも体験できる点がVRデバイスの中でもハコスコと並び最も敷居が低くなっています。

最新モデルのCardboardではカメラ用の穴が空いていないものもあり、現実にポケモンがいる様子をより没入感高くVRで見ることができるようになるためには、デバイス自体の改良が必要になりそうです。

スマートフォンの画面越しにポケモンが目の前にいるのと、VRデバイスを通してポケモンが目の前にいるのとでは、その実在感が変わってきます。よりリアリティを求めたい場合にはVRのデバイスを装着しながらポケモンバトル、ということになるかもしれません。

(関連記事)
ポケモンのARゲーム『Pokémon GO』一部の国で配信開始 日本でも近々配信開始か

(参考)
There’s a big hint to the future of ‘Pokémon Go’ hidden in plain sight
http://www.businessinsider.com/pokemon-go-google-cardboard-virtual-reality-2016-7

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP