体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Cocos2d-xチューニング、マルチデバイス対応…任天堂エンジニアに聞いた「Miitomo」開発の裏側

自分の分身が友達とコミュニケーションするアプリ「Miitomo」

「Miitomo(ミートモ)」。RPGでもなく、アクションゲームでもない、独自のコミュニケーションツールだ。

「任天堂というとゲームというイメージがありますが、私たちはMiitomoをあえてコミュニケーションアプリと位置付けています。似顔絵キャラクターであるMiiとの対話を通して、スマートデバイスならではの独特な体験をユーザーに提供しようと思いました。一方で、最近はSNSでのユーザー同士のコミュニケーションに気疲れする人もいるといわれていますが、Miitomoは気疲れするほどヘビーではなく、もっとゆるくつながろうというのがコンセプトです」と語るのは、このアプリを開発した任天堂企画制作部の吉原一期氏だ。

任天堂株式会社 企画制作本部企画制作部 スマートデバイスプロダクショングループ 吉原一期氏
2003年任天堂入社。入社動機は「世界に向けたものづくりができる」こと。入社早々「テトリスDS」のメインプログラムを担当。その後は、外部協力企業と協業してゲームソフトを作ることが多かった。

部屋の中を歩き回るキャラクターは自分の分身。それが発するのは「ワタシが今、一番欲しい能力って何でしたっけ?」といった質問。他人に聞かれるより、身内感覚なので答えやすい。もちろんソーシャルアプリではあるので、他のユーザーをフレンドとして登録すれば、次第にコミュニケーションが広がっていく。

SNS疲れをしないソーシャルアプリ──。実際、このアプリのプロデューサー、坂本賀勇氏(企画制作部統括)はSNSをあまりしない人だという。

坂本氏は糸井重里氏との対談で、MiitomoをニンテンドーDS用のソフト「トモダチコレクション」の流れを汲むものと発言しているが、これである程度、Miitomoの世界観を理解できるユーザーも多いことだろう。

スマホ上で任天堂の存在感を高める役割も

Miitomoのリリースに合わせ、これまでゲーム機に紐付いていた「クラブニンテンドー」という会員サービスに替わり、新しい会員サービス「My Nintendo」もスタートした。

「スマートデバイス上で任天堂の存在感を示す役目も持っています」と吉原氏が言うように、Miitomoは任天堂がコンシューマゲーム機のIP資産を活かし、その文化と接続しながら、スマートデバイス上で何を展開するかを示すアプリでもあるのだ。

Miitomoの開発に先立ち、任天堂は2015年3月にDeNAと業務・資本提携を行った。ソーシャルゲームの有力企業の一社であるDeNAとの協業はゲーム業界でも高い関心をもって受け止められた。その提携後の第一弾アプリという意味でも、Miitomoは注目なのだ。

「実際はサーバーサイドをDeNAさん、クライアントサイドを任天堂が担うという分担で開発を進めています。両社の開発者たちは密にコミュニケーションをとりながら、共同でアイデアを練り上げていきました」(吉原氏)

吉原氏にはアプリの仕様をまとめるほか、協力会社との協業をスムーズに進める役割もあったという。

「Cocos2d-x」をチューニングしながら、マルチデバイスに対応

単なるスマホアプリの一つというよりは、スマートデバイスにおける任天堂の存在感を示す役割も担うMiitomo。それだけに開発者にとってはプレッシャーがかかる。「楽しみながら開発しました。でもプレッシャーがなかったと言ったらウソになりますね」と告白するのは、リードエンジニアの大西直徳氏だ。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。