ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川中島の戦いで勝ったのはどっち? 上杉・武田家当主の見解

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上杉謙信と武田信玄が五度にわたって干戈を交えた「川中島の戦い」は、いまでも日本史上の伝説となっている。今回、両家の直系子孫である上杉家第32代当主・上杉邦憲氏(73)と武田家第17代当主・武田邦信氏(68)の初対談が実現。川中島から450年の時を経て、“龍虎”が再び相まみえる──。

──最後まで決着が付かなかったと言われる「川中島の戦い」だが、実際はどちらが勝ったと思っていますか?

上杉:領土としては土地を手に入れた武田の勝ちかもしれませんが、上杉は負けたとは思ってない。そもそも謙信公には支配拡大の欲はなく請われて“義の戦い”をしただけです。

武田:こちらとしては、最も激戦だった第四次の川中島の戦い(1561年)で、最後に勝ちどきをあげたのは武田だ、ということです。武田と上杉では信濃の土地に対する考え方が根本的に違う。甲斐の国というのは何もなく、信玄公は人民を養うために米が育つ肥沃な土地が必要だった。だから村上攻めをせざるを得なかった。

上杉:ううむ。

武田:謙信公は村上に頼まれて戦をしただけで、あそこの領土が必要だったわけではない。

上杉:だから、考え方の違いです。謙信公は負けたとは全然思っていない。むしろ怪しからん武田を懲らしめたと思っている。村上(義清)ら信濃勢との義は果たしたわけですから、何なら勝ったと思っていますよ(笑い)。

武田:2人の一騎打ちはあったと思いますか?

上杉:それはわからないですね。史料には「(謙信)自ら立ちはだかり」というものもありますが、総大将が、自ら敵陣に乗り込むような危険を冒すかという疑問は残ります。

武田:ただ、信玄公の軍配扇に傷がついていたことは事実。どうせ本当のところは分からないんだから、謙信公自身が乗り込んできて、3度切りつけたという方が面白いですよね。

上杉:武将として、どちらが強かったかというと、そこは難しい……。強さと言ってもいろいろある。武力なのか知力なのか他の要素なのか様々ですから。

武田:2人とも全然タイプが違うから。

上杉:(信玄を)武士として認めていたのは確かだと思うんです。

武田:はい。好敵手であったことは間違いない。

上杉:2人は近すぎた。同盟軍で戦ったら最強だったはず。まあ、私はそれでも一番強いのは謙信公だと思っています。

武田:それじゃあ私は信玄公にしておきましょうか(笑い)。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
武田家と上杉家の直系子孫が対談「父の代で関係が復活した」
上杉謙信の子孫はJAXAでロケット開発 愛称はTONO
信玄(甲斐)と謙信(越後)の2人の銅像が建つのは何県か?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP