ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCとダッソー、VRを活用した都市問題解決に向けて提携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年7月10日から14日にかけてシンガポールで開催された世界都市サミットにてHTCは、3Dソフトウェアを取り扱う会社のDassault Systemes(ダッソー)との共同企画を発表しました。産業や行政、そして住民が明日の世界を先取りし、持続可能な都市開発を実現していくことを目的としています。

HTC viveとダッソーの展開する3DEXPERIENCE City platformとのコラボによりVRを用いて、都市資源やサービス、インフラ、流通のこれからを予想できるようになります。

HTC viveと3DEXPERIENCE City platformの融合

ダッソー社の3DEXPERIENCE City platformでは、HTC vive向けコンテンツとして、未来において世界の主要都市ではどのように福祉・社会的サービスやユーティリティ、移動、安全、治安、ファシリティマネジメント、環境保全がどのように計画され、維持されていくのかをVR空間にて再現しました。

また、ダッソー社のHomebymeという3D設計デザインアプリケーションを用いてviveは、シンガポールのあるアパートメントを舞台にしたVRゲームを作成しました。家庭で楽しめるゲームを通じて、各ユーザー個人のサステナビリティを改善していく取り組みをしています。

都市問題の解決に向けた世界的な取り組みを人々に3D体験してもらい、理解を深めてもらうことが今回のHTCとダッソーの共同企画の目的です。

3DEXPERIENCE City platformとは?

『3DEXPERIENCE City platform』は、ダッソー社が提供する様々な環境をVR化するビジネス『3DEXPERIENCE platform』ひとつです。その名にCityとある通り、様々な状況下に置かれた都市状況をVRで再現しています。

(関連記事)
秋葉原でHTC viveを体験・購入できる4店舗

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP