ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アボカド、ベリー、コーヒー・・・世界の1/3の作物が消滅する原因がハチ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アボカドやトマト、ベリー、ナッツ類など、スーパーフードと呼ばれる日本でも人気の食物たちに加え、さらにはコーヒーまでが近い将来、世界の市場から姿を消すかもしれない。

アメリカ農務省のこの懸念が、杞憂に終わってくれればいいのですが。現に事態はアメリカのみならず世界へと波及し、その進行を止められずにいます。原因は、ハチ、チョウ、カブトムシといった花粉を運ぶ役割を担ってくれる送粉者(ポリネーター)たちの減少。養蜂家や農業従事者だけの問題?ではありませんよ。

深刻なのはミツバチの減少
世界の作物の1/3が危ない

アボカド、ベリー、コーヒー・・・世界の1/3の作物が消滅する原因がハチ?

「EcoWatch」が伝えるところによると、世界に生息する主な作物115種類のうち、じつに87種がポリネーターたちに依存しており、それらは全世界の食物生産の約35%を占めているそうです。特にミツバチは、人間の生存にとって欠かすことのできない存在。かの物理学者アインシュタインも「地上からミツバチが絶滅したら人類も4年で滅びるだろう」、と警鐘を鳴らしていたとか。

ところが、すでに多くのメディアで取り上げられているように、10年ほど前から世界規模でハチが大量死したり、失踪する現象が起きていました。よく耳にする「蜂群崩壊症候群(CCD)」がそれ。

ミツバチ研究の第一人者で昆虫学者マーラ・スピヴァク博士は、ハチが消えつつある主な原因として、花が咲かない土地を増やしてしまったことを挙げています。アメリカでは第二次大戦後、作物と作物の間に草花を植える、間作物農法を捨て、より大型・単一農場に適した合成肥料に切り替えました。さらには農場の雑草駆除に除草剤を使用し始めたことにより、花が咲く余地のない土壌をつくり上げてしまった。これが結果的にポリネーターたちの居所を奪っていった原因のひとつ、とスピヴァク博士。

このほか、2012年には、「ミツバチに与える影響が危惧される農薬を突き止めた」とする論文が科学雑誌『Nature』、『Science』両誌で掲載され、初めてネオニコチノイド系農薬の存在が広く世に知れ渡ることに。ペンシルベニア大学の調査によると、受粉したミツバチがコロニーに持ち帰る花粉に、少なくとも6種以上の殺虫剤成分が検出された事実を「News.com.au」が報じています。

花粉の運び屋たちを守ろう!
ナショナル・ポリネーター・ウィークとは?

ホワイトハウスは、花粉を運ぶ生物がアメリカのフードセキュリティだけではなく、米経済にとっても重要であることを認めています。第二次大戦以降、国内のミツバチの数はおよそ半減。養蜂農家はこれまでで推定1,000万以上のハチの群れを失っており、これが食物の価格を高騰させる原因でもある、と「EcoWatch」は指摘しています。

では、ただ減っていくハチを眺めているだけか。そうでもないようです。ハチに限らず花粉を運ぶ昆虫たちの減少に対処するため、2007年から創設された「ナショナル・ポリネーター・ウィーク(National Pollinator Week)」 を知っていますか?

米農務省、内務省が支援する国際的なイベントとして、除草剤や農薬の減少、積極的な草花の植え付けなど、ハチの生態系保護を呼びかけるキャンペーンとして、2015年にはアメリカ50州全土でこれが制定されました。ちなみに2016年は6月20日〜27日に実施。ミツバチと農作物の関係性を専門家を通じて知る機会が、学校や教会で設けられたそうです。

小さな生命を通して自然と人間の持続可能な関係や、自然環境について考えるきっかけにしてみたり、庭先やベランダに季節の花を植えてみる。ほんのちょっとのことからも、ミツバチたちを救う方法があるかもしれませんね。

Reference:EcoWatch,News.com.au,National Pollinator Week

関連記事リンク(外部サイト)

靴を脱いでスッキリ!「裸足」がもたらす9つのメリット
「貧富の差」がよくわかる一枚の写真 地上にいては、気づけないことがある(南アフリカ)
「だまし絵」の力で街に活気を取りもどす壁画アーティスト(フランス)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。