ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「胸元が見える服」は、面接に進む可能性を5倍もアップさせるらしい(研究結果)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デコルテが見えるワンピースを着て撮った証明写真を履歴書に添付すると、面接へ進む確率が高くなる、という驚きの研究結果がフランス・ソルボンヌ大学の心理学者、Sevag Kertechian博士によって発表されました。

胸元が見える場合と
見えない場合を比べたら…

「University of Bristol」にアップされた論文によると、研究方法はシンプル。見た目が似ていてスキルも同程度という2人の女性に違う服を着てもらい、同じ職種の仕事へそれぞれ、履歴書を送付。その採用結果を照らし合わせるというもので、3年間かけてリサーチを実施。

女性はそれぞれ胸元が見えるワンピースと、控えめな服で100社ずつ、1人合計200社、営業と会計2つの職種へエントリーしました。

デコルテが見える
ワンピースが好印象?

営業職では、デコルテが見えるワンピースの方が62社多く面接へ進むことに。また、会計職でも胸元が見えている服の方が、見えていない服の時よりも68社多くオファーが出たのです。どちらも比較的露出度の高い女性の方が、5倍ほど高い確率で面接へ進めるという結果になりました。

Kertechian博士は「The Telegraph」に「人と会う営業職であろうと、基本的にオフィスから出ない会計職であろうと、職種を問わずデコルテが見えるワンピースを着た女性の方が受けが良かった。この結果はショックだが、驚く必要はない。さらに深く研究を進める必要がある」コメントしています。

ちなみにこの研究は、パリで行われたもの。文化が違う国ではまた違う結果になったのかもしれませんね。

Reference:University of Bristol,The Telegraph

関連記事リンク(外部サイト)

組織論のプロが説く。「生産性とクリエイティビティの両立は、ムリな話です」
採用で有利なのは、男性と女性どちらなのか。
「重いくらい愛してくれる彼女」をもっと大切にするべき10の理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP