ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コップ1杯飲むだけでスゴイ効果の“レモン水ダイエット”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ツラい努力は不要のダイエットが“レモン水ダイエット”です。やり方は簡単で、半個分のレモンをコップ1杯の水に絞りいれるだけ。こんなに簡単なのに効果が抜群! と評判のダイエット法なのです。レモンにはダイエットにいい成分がいっぱい。早速、今日からレモン水ダイエットを始めてみては?

ポリフェノールの作用で脂肪の吸収が穏やかに!

レモンには、エリオシトリンというポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用が強く、もちろんお肌にもバッチリなのですが、このエリオシトロンには中性脂肪を減らす働きがあることが分かっているのです。エリオシトロンが含まれるのはレモンやライムだけ。同じかんきつ類でもグレープフルーツやミカンには含まれません。

血糖値の上昇を抑えるペクチンが豊富!

レモンには、水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。ペクチンには血糖値の上昇を抑える働きがあるのです。食事をすると血糖値が上昇しインスリンが分泌されますが、インスリンの働きにより、余った糖分が脂肪として細胞に溜め込まれてしまいます。血糖値を抑えることができれば、インスリンの大量分泌を抑えることができ、ダイエットには効果的なのです。

酸っぱさのもとクエン酸が脂肪の燃焼を促進する!

クエン酸は、筋肉に溜まった乳酸を分解し疲労回復に効果がある成分ですが、実はダイエットにも効果的。クエン酸には肝臓で脂肪の代謝を促進したり、老廃物の排出を促進すると言われているのです。老廃物が溜まりにくい体は、太りにくく痩せやすい代謝のいい体です。レモンに含まれるヘスぺリジンには毛細血管を強くする働きがあるので、レモン水を飲み続ければ、体の隅々まで栄養が行き渡る体になれます。

コップ1杯のレモン水で、これだけの効果があるなら、絶対、今日から試してみない手はありませんよね。レモン水はいつ飲んでもいいのですが、夕食と一緒か寝る前がおススメ。それというのは、レモンには、紫外線を吸収しシミやそばかすの原因になるソラレンという成分が含まれているのです。朝1杯のレモン水には体内時計を整える効果もありますが、日焼けが気になる方は夜に飲むようにしましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP