ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ねとめし・カマンベールベーコン 料理研究家の進化版レシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ねとめし」──それは、ネットが生んだ奇跡のレシピをいう。簡単でお手軽、斬新なアイディアにもかかわらず、ひと口食べると…驚くほど「ウマー!!」。みんながネットで絶賛し、バズった神メニューをの中から、「カマンベールベーコン」のレシピをピックアップ。さらに、さらに、家庭の食卓やおもてなしの一皿として出せるよう、料理研究家の野口英世さんによるに進化バージョンも紹介します。

◆カマンベールベーコン
ねとレシピ
【1】カマンベールチーズ1個を長いベーコン3枚で放射状に包みしっかり巻く。
【2】フライパンに入れ、両面がこんがりするまで中火で約5分焼く。

進化レシピ
【1】カマンベールチーズのベーコン巻きと一緒に、粗く砕いたミックスナッツ大さじ2をフライパンに入れ、中火で約5分焼く。
【2】ベーコンの両面がこんがり焼けたら皿に盛り、ナッツを散らしてはちみつ小さじ1をかける。

 カロリーを考えると罪悪感たっぷりですが、はちみつをたっぷり絡めながら食べるとたまりません。ベーコンとチーズの塩気と旨みを、はちみつの甘さが引き出し、よりぜいたくな味わいに。見た目も華やかで、赤ワインと合わせたら、これはおもてなしもイケます!(野口さん)

撮影■菅井淳子

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
風邪や季節の変わり目に喉をケア 「大根はちみつ」の作り方
ピザにはちみつをかけるのはチーズとの相性抜群で意外に合う
口臭予防や二日酔いに効果 「はちみつ美容」を紹介する一冊

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP