ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

360度「どんな方向」にも走れるタイヤをトラックドライバーが発明(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。

その場でグルグル
横にスーっ



秘密は、このタイヤにありました。

こちらはカナダのトラックドライバー、William Liddiardさんが作ったもの。チューブ状に作られたタイヤそのものが回転することで、360度方向に走行できるそうです。なんだかドリフトの概念も変わりそう…。

「CNBC」によれば、開発のきっかけはトラックの車庫入れが難しかったからだとか。ぶつけないように常に誰かが見ていなければならず、なんとか解決しようと兄弟で8年間かけて開発を行なったそうです。リサーチや開発費にかかった費用は、なんと約630万円!

気になるお値段は、だいたいタイヤ1本約15万7,000円で、車種によって上下するそう。まだ販売には至っていませんが、現在は特許申請中だそうです。

Licensed material used with permission by William Liddiard
Reference:CNBC

関連記事リンク(外部サイト)

5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)
たった一人で「森の遊園地」をつくったおじいちゃんが大切にしている、自然との向き合いかた
見れば見るほど驚く、古典的ハイパーリアリスティック。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP