体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルテックのドムス チェア70周年!ミナ ペルホネン・皆川 明氏がデザインしたポスタープレゼント

生活・趣味
domus70years-minagawaakira-poster_001

アルテックのアニバーサリーポスターとして初の外国人デザイナー起用

2016年7月7日(木)から2016年末まで、Artek(アルテック)による「ドムス チェア キャンペーン」が開催され、ドムス チェア購入者を対象にminä perhonen(ミナ ペルホネン)デザイナー・皆川 明氏がデザインした「ドムス チェア70周年アニバーサリーポスター」がプレゼントされます。

今年で誕生70周年を迎えるドムス チェアは、フィンランドデザインの巨匠の1人、Ilmari Tapiovaara(イルマリ・タピオヴァーラ)が学生寮のためにデザインしたもの。

読書する姿勢を想定して長時間座っても疲れにくいよう設計されているほか、軽量でスタッキングも可能。様々なシーンで活躍する1脚として今なお世界中で愛され続けています。

アルテックは節目ごとにアニバーサリーポスターを発表してきており、製品だけでなくヴィジュアル面からもインテリアデザインの文化を育ててきました。今回のドムス チェア70周年ポスターではフィンランド以外の国のデザイナーとして初めて、皆川 明氏が起用されています。

Artekとミナ ペルホネンといえば「新素材ファブリック“dop” × Artekスツール60」などこれまでのコラボも人気を集めましたが、今回のポスターも両ブランドのファンにはたまらないデザイン。

キャンペーンは本年度末まで。チェアの購入を検討している方はぜひお近くのキャンペーン展開店舗でチェックしてみてください。

domus70years-minagawaakira-poster_002 座面を積層合板にする一方で、椅子全体の重さを支えるフレームには強固な無垢材を使用しています。小さいアームレストは、快適な使い心地のために十分役割を果たしつつ、テーブルに椅子を引き寄せやすいようにバランスが取られています。 domus70years-minagawaakira-poster_003 LeFumoir Restaurant

Paris France 2009

Photo:Nicolas Castets

domus70years-minagawaakira-poster_004 C Royal Opera House
1 2次のページ
TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会