ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HUAWEIスマホ買取価格と高額査定のコツまとめ

  • ガジェット通信を≫

出典:HUAWEI JAPAN

2015年5月1日、「SIMロック解除の義務化」が始まって以来、SIMフリースマホという言葉が浸透してきましたよね。これまでと比較して格安で端末が手に入り、月々の使用料もぐっとお得になるSIMフリーのスマートフォンは、ガジェット好きの男性や節約上手な主婦を中心に広がりつつあります。その中でも「HUAWEI」のスマートフォンは、コスパの良さで高い人気を誇っています。かく言う筆者もHuawei P8liteを絶賛愛用中ですが、見た目も使用感もこれまで使ってきたiPhoneに負けず劣らずで、非常に快適です。今回は、そんな「HUAWEI」のスマートフォンの中古買取についてまとめてみました。

HUAWEIについて

シェア3位?HUAWEIの会社紹介

出典:HUAWEI JAPAN

HUAWEI(ファーウェイ)は中国の広東省に本社を置く通信機器メーカーです。日本ではまだ知名度は低いですが、中国では世界に誇る超優良企業のひとつとして知られています。たとえばスマートフォンの世界的なシェアランキングですが、1位がサムスン電子、2位がアップルなのは誰もが知るところでしょう。では、それに次ぐ3位のメーカーはどこだと思いますか?実は、その3位争いの常連ポジションに位置しているのがHUAWEIなのです。

コスパが魅力!

HUAWEIの魅力は何といってもコストパフォーマンスの良さです。ライトユーザー向けからヘビーユーザー向けのものまで幅広いラインナップを取り揃えており、安ければ2万円以下、ハイエンドでも3~4万円台と、驚きの価格で自分に合ったスマホが購入できるのも特徴です。

中古スマホの買取価格一覧

代表的な機種をピックアップし、買取店別に買取価格をご紹介していきます。ぜひ比較してみてください。

スマーケット

出典:スマーケット
Huawei Ascend G6 中古最高買取価格 6,400円
Huawei Ascend Mate7 中古最高買取価格 9,500円
Huawei Ascend G620S 中古最高買取価格 5,300円
Huawei Ascend P7 中古最高買取価格 7,400円
Huawei  GR5 中古最高買取価格 12,600円
Huawei  Mate S 中古最高買取価格 21,000円
Huawei P8lite 中古最高買取価格 10,500円

ケータイゴッド

出典:ケータイゴッド
Huawei Ascend G6 買取価格 9,000円
Huawei Ascend Mate7 買取価格 25,000円
Huawei Ascend G620S 買取価格 6,000円
Huawei Ascend P7 買取価格 15,000円
Huawei  GR5 買取価格 25,000円
Huawei  Mate S 買取価格 48,000円
Huawei P8lite 買取価格 13,000円

じゃんぱら

出典:じゃんぱら

ここでは、買取上限金額価格をご紹介します。
Huawei Ascend G6 買取上限金額 8,000円
Huawei Ascend Mate7 買取上限金額  20,000円
Huawei Ascend G620S 買取上限金額 7,000円
Huawei Ascend P7 買取上限金額 12,000円
Huawei  GR5 買取上限金額 18,000円
Huawei  Mate S 買取上限金額 30,000円
Huawei P8lite 買取上限金額 14,000円

(2016年7月12日時点)

買取店によって、同じ機種でもわずかに価格に差が出ますね。タイミングやお店の在庫状況にもよりますので、査定額に納得できなければ別の買取店で査定してもらうのも良いでしょう。

高額査定のコツ・ポイント


箱や付属品は全て揃っているか

皆さんは、端末が入ってきた箱をしっかり保存しているでしょうか。箱がないと、通常査定額が減額されてしまいます。中に入っていた付属品も、原則として全て揃っていないと減額対象です。上記に記載した買取上限金額などは、すべての付属品がそろった状態での金額である点にご注意ください。

また、付属品の有無のチェックは箱に書かれている一覧をもとに行われることが多いので、箱があれば査定がよりスムーズに進みます。

本体に傷がないか

箱や付属品以上に買取査定に影響するのは、本体の破損です。大きな傷はもちろん減額の原因となりますが、細かい傷も減額対象のため、できるだけ傷のない状態が望ましいです。自分でとれる汚れは取っておくことも重要です。貼っていた保護フィルムをはがし、粘着剤のとり残しがないようにしましょう。指紋をぬぐうだけでも、パッと見の印象が変わってきますよ。

スマートフォンやタブレットは、いまや高級品です。SIMロック解除が義務化され、「端末実質ゼロ円」ができなくなった今、端末の価格はますます高騰していくでしょう。スマートフォンは高級品であるという意識をもって、日頃から大事に使うことがのちの高額査定につながります。

売る前に最低限すべき2つのこと


本体を初期化する

店頭持込で売る場合、初期化は店頭でもできますが時間がかかってしまい、その日の買取を断られる可能性があります。必ず事前に初期化を行っておきましょう。

SIMカードとSDカードを抜く

言うまでもありませんが、SIMカードは抜き取っておきましょう。そもそも、入れっぱなしだと買取してもらえないことがほとんどなので、郵送買取の場合などは特に注意してください。プライバシーの観点から言っても、いくら本体を初期化しても、カード類がそのままだと意味がありません。

SIMフリースマホの買取市場の現状

キャリアでの2年縛りもなくなり、端末自体も格安で手に入るSIMフリースマホ。いつでもリーズナブルに買い替えることが可能になったおかげで、「試しに使ってみて、合わなかったら手放して違う端末を試してみる」なんて使い方もできるようになりました。

そんな性格をもつSIMフリーのスマホですから、ユーザーのなかには中古のスマホを売りに出すという人も増えてきています。それに合わせて、買取業界もSIMフリースマホの中古買取に力を入れてきているようです。少し前まではiPhoneやXperiaの買取が目立ちましたが、最近ではSIMフリー端末専用ページがある買取サイトも見かけるほど、買取市場は大きくなってきています。

スマホの買取額は、機種の新しさに左右されます。特に発売から2年以内の最新のスマホは、高価買取が行われています。SIMフリースマホは、比較的買取価格が安定しているiPhoneに比べて価格の変動が激しいという特徴があります。後継機種が発売された、もしくは発売されるようだという噂が出ただけでも、買取価格は変動します。早めに売ることが、SIMフリースマホ買取のコツです。

まとめ

「SIMロック解除義務化」の流れをうけて、ますます需要が高まっている「SIMフリースマートフォン」。その中でもコスパ最高はHUAWEIのスマホは、今後人気になってくると予想できます。売ろうとしているならできるだけ早く、まだ売るか考え中の方は、いつか売るときのことを考えて、大事に取り扱ってくださいね。賢くお得なスマホライフをみんなで楽しみましょう!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。