ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

突然の交通事故!自分で病院へいくときはどうすればよい?

  • ガジェット通信を≫


交通事故というと、救急車が来て運ばれることをイメージする方が多いと思いますが、軽めの事故や、意識がはっきりしていて自分で歩ける場合などは、自ら病院を受診する必要があります。

でも、いざというとき冷静な判断ができるか不安に思いますよね。そこで今回は、交通事故にあった際の病院の受診について、医師に解説していただきました。

交通事故にあったらまずは何科へ行くべきですか?

交通事故にあった場合、以下のように症状に合わせて病院を選びましょう。

《整形外科》

体に痛みや腫れ、動かしにくさなどがある場合

《脳神経外科》

頭を打った場合

《眼科》

目の外傷がある場合

《耳鼻咽喉科》

鼻血が止まらなかったり耳の聞こえ方がおかしく感じたりした場合

判断に迷う場合は、総合病院の受付で交通事故による受診であることを伝え、受診すべき科を指示してもらうようにするとよいでしょう。時に2つ以上の科を受診する必要がある場合もあります。

どのような検査を受けるべきですか?

検査の内容も、例えばぶつけたことによる骨折や臓器損傷などが疑われる状況であれば、身体診察に加えてレントゲンやCT、MRIなどの画像検査が必要になります。

骨折であればレントゲン、たとえば脳内の出血であればCTがより適しているといったように、疑われる損傷の種類によって受けるべき検査が異なってきますので、担当の医師とよく相談するとよいと思います。

広範囲に受けると特にCTなどは被ばく線量が増える恐れがありますので、必要な検査をピンポイントで受ける必要があります。

リハビリにはどのくらい時間がかかりますか?

リハビリが必要であるかどうか、また必要である場合には、どのくらいの期間がかかるのかというのは、完全にケースバイケースで状況によって異なります

ただ、一つの目安として、骨折であれば半年くらい、むちうちであれば3カ月くらいが保険会社の保証が一般的に行われる期間といわれているようです。

接骨院、整骨院へはどのタイミングで行けばよいですか?

まず、事故にあった直後には、状態の医学的な判断やそれに基づく診断書の作成などがありますので、整形外科など病院を受診する必要があります。

ただ、診断がついた後は、状態がそれに適切であれば整骨院・接骨院などで治療を行う場合もあります。

主治医、保険会社などとトラブルを避けるため必ず事前に相談のうえ、接骨院・整骨院を受診すれば問題ないと思います。

医師からのアドバイス

交通事故にあった場合にはまず落ち着いて、自分の受けた被害に関してしっかり医学的に診察を受け、診断書を受け取っておくことが必要です。

多くの場合、その後の治療内容に関しては主治医および保険会社とやり取りして決めることになります。

交通事故に伴う精神的なショックなどでも別個に通院が必要になる場合がありますので、しっかり自分の心と体をいたわってあげてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

打撲したところに「しこり」が…これって危険のサイン?
冷やす? 温める? 打撲の正しい湿布ケア
痣(あざ)がぶつていないのに出来るのは病気かも?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP