ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダズル、VRプロダクト向け分析サービスのβ版導入企業を募集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ダズルは、VRプロダクト向け分析・運用サポートサービス『AccessiVR(アクセシブル)』のティザーサイトを公開しました。

『アクセシブル』はゲームをはじめとするVRプロダクトの運用計画・実行、データ分析、改善のPDCAサイクルをサポートするミドルウェア。視点データなどVRプロダクト特有のデータを取得できることが特徴です。正式リリースは来年2017年初旬の予定で、現在クローズドβ版を導入する企業を募集しています。

マルチデバイス、マルチエンジン対応

マルチVRデバイス(Gear VRやOculus Rift、HTC Viveなど)、マルチエンジン(Unity5、Unreal Engine4、Amazon Lumberyardなど)に対応することが予定されており、VRプロダクトの提供先デバイスや使用するゲームエンジンに依存せず利用可能とのことです。

株式会社ダズルはモバイル向けのゲームの開発からVRプロダクトの受託開発事業を展開しています。また2016年5月には、建築業界向けの人材サービスなどを展開する株式会社夢真ホールディングスと資本業務提携を行い、VR事業において戦略的な事業提携契約を締結しています。

『アクセシブル』の詳細な利用料金については決定しないとのことですが、ユーザー数に応じた複数のプランを提供する予定としています。またクローズドβ版では、通常よりも長期間の利用料無料期間(通常は初月無料)の特典が提供されるとのことです。

(関連記事)
株式会社ダズル 求人情報:VRプロダクト開発エンジニア(クライアント)
株式会社ダズル 求人情報:3Dデザイナー

(参考)
株式会社ダズル プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000019341.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP